vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

Aspire EVO75 スターターキット その1

 

Aspire EVO75(アスパイア エヴォ75)スターターキットのレビューです。

提供していただいたのはcvaporという中国のショップさんです。
ご提供ありがとうございます!

aspire-evo75_02

これ!凄く見た目が好みで気になってたんですよ!
可愛くないですか?どうですか!
早速!見ていきます!!(買おうと思ってたのでテンション高め)

スペック

  • Aspire製
  • アトマイザー容量:2.0ml
  • トップフィル
  • ガラスタンク
  • アトマイザーサイズ:直径:22mm x 長さ:45mm
  • 510スレッド
  • 使用バッテリー:18650
  • MODサイズ:高さ:75mm x 横:35mm x 幅:22mm
  • 出力:1-75W / 0V~8.5V
  • 温度制御:200’F-600’F/100’C-315’C
  • 抵抗範囲:0.1-3.5Ω
  • 温度管理:Ni / Ti / SS / TCR
  • 対応モード:VW / TC / バイパス / CFBP
  • ファームウェアアップグレード可
  • カスタムロゴ機能
  • チャイルドロック・パスコード機能
  • ディスプレイ自動反転
  • 安全機能(ショート防止等)

何だか見た事ない機能がある気がします。
というか機能多いですね!わけわかんね!

内容物

とりあえず開封していきましょう。

aspire-evo75箱はこんな感じ。何となくAspireっぽい。

aspire-evo75_01本体はこんな感じ。

aspire-evo75_03中身はこんな感じ。
やっぱり見た目可愛いわぁ…。

  • NX75-Z MOD 本体
  • Evo Tank アトマイザー (0.4Ωカンタルクラプトンコイル組込済)
  • 0.5Ωカンタルクラプトンコイル
  • USBケーブル
  • 交換用ガラスチューブ
  • マニュアル

中身はシンプルな感じで。
交換用ガラス入ってるのがグッドです。

NX75-Z MOD

まずはMODから見ていきましょう。

aspire-evo75_07MODです。とりあえずバッテリーを入れるところから。
こんな風にスライドしてバッテリー挿入部を取り出します。

aspire-evo75_04で、こんな感じ取れます。

aspire-evo75_05で、外すとこうなります。
マグネットでくっついてるので少し力を入れた方がいいかもしれません。
そしてこの右側の方にバッテリーを入れます。

aspire-evo75_06こんな感じ。
本体に記載がありますが、トップ側がマイナス、ボトム側がプラスです。
上からすぽっと入れて、元に戻します。

aspire-evo75_09接続は510のスプリング式です。

aspire-evo75_10側面にはUSBポートが。

aspire-evo75_11ボトムにはベントホールが空いています。

aspire-evo75_08ボタンがやたら多いです。
一番上がファイアボタン、真ん中の「W」がW出力、「T」が温度管理、下のはマイナスとプラスボタンです。
機能が多いのでとりあえずざっくり操作方法を。

電源ON:ファイアボタン5回連続押し
電源OFF:ロック中にファイアボタン連続3秒押し
ステルスモードON/OFF(液晶表示ON/OFF):電源ON中にファイアボタン3回連続押し
出力ロック:Wボタンと+ボタン同時押し
チャイルドロック:Wボタンと-ボタン同時押し
カスタムロゴ機能:Tボタンと-ボタン同時押し
TCR設定:Tボタンと+ボタン同時押し
言語選択(英語or中国語):ファイアボタンを押しながらバッテリー装着
W、V、Bypass、CFBP切り替え:Wボタン
Ni、Ti、SS、TCR切り替え:Tボタン

各種決定はファイアボタン、選択は+/-ボタンです。
どうですか。ややこしいですね。全く意味が分かりません。

aspire-evo75_12まずはこちらがWモード(ワット出力)。

aspire-evo75_13そしてVモード(ボルト出力)。

aspire-evo75_14Bypassモード。電圧がバッテリーの状態そのまま、というやつです。

aspire-evo75_15そしてこれが…謎のCFBPモード。
出力される波をカスタマイズできる機能でして、C1~C3まで登録しておくことが可能です。
CFBPモード中にWボタン長押しで調整が可能です。
Wボタン、Tボタンで横軸移動、+ボタン、-ボタンで出力調整ができます。

aspire-evo75_41こちらが調整中の画面です。
横軸がファイアボタンを押している秒数(画面で01.0Sの部分)、縦軸がW数です。
これでファイアボタン押してから○秒で○Wに、という設定ができる訳ですね。
例えば最初は出力強めで段々弱く、とか徐々に出力を強く、という設定が可能になるのです。
伝わった?伝われ。

aspire-evo75_19そしてこちらが温度管理(TC)モードのNi(ニッケル)。

aspire-evo75_20こちらが温度管理(TC)モードのTi(チタン)。

aspire-evo75_21こちらが温度管理(TC)モードのSS(ステンレス)。

aspire-evo75_22そしてこちらがTCRモードです。3つまで登録可能です。
TCRってなんだ?という方のためにザクッと説明。
TCRとはTemperature Coefficient of Resistanceの略でございます。
コイルの抵抗値は温度によって変化するのですが、温度管理機能はそのコイルの抵抗値が変化する値に合わせた温度係数が設定されているんですね。
NiやTi、SSは既に設定されているのですが、他の素材を使う場合にはそれぞれの温度係数に合わせた設定が必要になる訳です。
その設定が可能になるのがこのTCRモードという訳です。ざっくり。

aspire-evo75_42そしてこれがTCRの設定&温度管理W設定です。
Tボタンと+ボタン同時押しです。
Tボタンで設定する素材やTCRの横軸移動、+ボタン、-ボタンで数値の上下を設定します。

aspire-evo75_43こちらのTCRの設定ではWボタンでW出力とTCR時の温度係数の切り替えを行い設定します。

aspire-evo75_44こちらがチャイルドロック機能。
Wボタン、-ボタン同時押しです。
パスコードを入れないとロックが解除できなくなる機能です。
+ボタン、-ボタンで選択し、ファイアボタンで決定です。

aspire-evo75_45ロック中はこのような画面になり、操作ができなくなります。
解除はロック時と同じくWボタン、-ボタン同時押しで、パスコード選択で解除できます。
これ結構いい機能だと思います。
うっかりポケットやカバンの中でミスファイア!な事が無くなりますよね。
パスコード忘れたらアレですけど。ちゃんと覚えておきましょう。

aspire-evo75_46こちらがロゴのカスタマイズ機能です。
デフォルトでは「aspire」のロゴになっています。
Tボタンと-ボタン同時押しで設定可能です。
Wボタンで文字の削除、+ボタン、-ボタンで文字の選択、ファイアボタンで決定です。
Tボタンで大文字と小文字を変更することができます。

aspire-evo75_47アホみたいな入力してますが文字数確認のためですw
10文字まで入力可能なようです。

ちょっとMODの説明だけでめちゃくちゃ長くなってしまいましたので、
残りは次記事でご紹介をば…。

Aspire EVO75 スターターキット その2はこちらから。

↓コチラで購入できます
cvapor

 

↓気が向いたらポチっとな。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link



 - スターターキット