vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

Eleaf iStick Pico 25 kit スターターキット レビュー

 

Eleaf iStick Pico 25 kit (イーリーフ アイステイック ピコ 25) スターターキットのレビューです。

提供していただいたのはベプログショップ
ご提供ありがとうございます!

もう新規でVAPE始める人は大体購入の候補に入れてるんじゃないか、
既にVAPE始めてる人は大体持ってるんじゃないかってくらいメジャーになったistick pico。
コンパクトで安価、使いやすい事で大人気となったistick picoですが、
今回新しく25mm径のアトマイザーが装着できるistick pico 25が登場しました。
早速見ていきましょう!

スペック

  • Eleaf製
  • タンク容量:2.0ml or 4.0ml
  • 使用バッテリー:18650
  • MODサイズ:48.0 x 25.0 x 71.0 mm
  • アトマイザーサイズ:46.0 x 25.0 mm or 54.0 x 25.0 mm
  • 510スレッド
  • 可変ワット数:1-85W
  • 温度制御:220’F-600’F/100’C-315’C
  • 抵抗範囲:VW:0.1Ω~3.5Ω TC:0.05Ω~1.5Ω
  • トップフィル
  • 温度管理:Ni / Ti / SS / TCR
  • 対応モード:VW / TC / バイパス
  • ファームウエアアップグレード可能

istick picoよりも少し大きくなったくらいのサイズ感。
本当に25mmアトマのためにちょっと幅大きくしたよーって程度ですね。
基本的な機能はistick picoとほぼ同じ。
セットのアトマイザーは以前記事にしたiKONN TOTALのものと同じElloです。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。

パカッと開封。

中身はこんな感じ。

  • istick pico 25 Mod 本体
  • Ello アトマイザー
  • HW1 Single-Cylinder 0.2ohm Head (40-80W)
  • HW2 Dual-Cylinder 0.3ohm Head (30-70W)
  • ワイドボアドリップチップ
  • 交換用ロングガラスチューブ
  • エクステンションパーツ
  • 充電用マイクロUSBケーブル
  • 交換用Oリング
  • マニュアル

何かめっちゃ色々入ってますね。
とりあえず順番に見ていきましょう。

istick pico 25 mod

まずはMODから見ていきます。
istick picoのシンプルなデザインから変わってEleafのロゴをイメージしたデザインになっています。

さらさらした質感と艶のある質感に。
個人的には前の方がシンプルで良かったんですけど、
最近Eleafはどうしてもこのロゴを推していきたいみたいです。残念。

ボトム側には+ボタン、マイナスボタン。
それとベントホール。

サイドにはファイアボタン、液晶、USBコネクタ。

アトマイザー接続は510のスプリング式。
バッテリーはトップから入れていきます。

バッテリーはボトム側が+極、トップ側が-極です。

こんな感じ。

初代のistick picoと並べてみました。
こちらから見るとサイズは少し大きくなったくらいですね。

こちらから見ると幅が広くなったのが分かります。
またファイアボタンが大きくなって押しやすく、液晶も広くなり視認性が上がりました。

ちょっと画面が汚れてるのが気になりますがまぁ個体差でしょう。
…何かベタベタするんだよね。

istick picoと比べるとかなり見やすくなったんじゃないでしょうか。

操作方法

・電源ON/OFF
ファイアボタン連続5回押し

・モード変更
電源ON中に、ファイアボタン連続3回押し
→+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定

・抵抗値ロック
TCモード中にファイアボタンと+ボタン同時長押し

・上限W数設定
TCモード中にファイアボタン連続4回押し、
→+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定

・ステルスモード(画面表示OFF)
電源ON中に、ファイアボタンと-ボタン同時長押し

・ロゴのON/OFF
電源ON中に、ファイアボタン連続2回押し
→+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定

・設定モード
電源OFF中に、ファイアボタンと+ボタン同時長押し

・TCR設定
設定モード中にM1~M3へTCR値保存可能
推奨TCR値は
Ni:600~700
Ti:300~400
NiFe:300~400
SS:80~220
→+ボタン、-ボタンで変更、その後放置で決定

・プリヒート設定
設定モード中に『Power〇〇W』で変更可能
→+ボタン、-ボタンで変更、その後放置で決定
『Time』でプリヒートの時間を設定、不要な場合は『OFF』に設定

ファームウエアのアップグレードはこちらの公式サイトからダウンロード可能です。

Ello アトマイザー

次にアトマイザーを見ていきましょう。
エロです。エロ。エロです。
ミニの方は過去に記事にしていて、詳細はiKONN TOTALの記事にて。

ではサクっと見ていきましょう。
ほぼサイズくらいしか変わらないですしね。
まずはバラしてみます。

ポジティブピンは調整不可。

でっぱり具合はこのくらい。

ワイドボア気味のドリップチップ。

ガバっと穴があいています。

トップキャップはこのようにスライド式で、
ここからリキッドをチャージします。

こちらは付属のワイドボアドリップチップ。

510でテーパーがかかっています。

実際に装着するとこんな感じ。デカ!

そしてこちらのElloアトマイザー、タンク容量を変更することができます。
必要なのはまず付属しているこちらのロングガラスチューブ。

まずは分解して小さい方のガラスチューブを外します。

そして大きい方のガラスチューブにチェンジ。

次に必要なのはこのエクステンションパーツ。

このようにトップキャップの裏側に装着できるので、
くるくるっと回して装着します。

で、組み立てるとこうなります。

MODにつけるとこんな感じ。
背が高くなりましたがやはりセットなのであんまり違和感ないですね。

他のアトマのっけてみる

まずは22mmアトマイザーを。
うん、多少スカスカ感ありますけどそんな違和感ないですね。
やっぱり本体自体が小さいからかなー。
私はこれで全然あり。25mmの意味ないけど。

次に24mmアトマイザーも。
やはり余裕です余裕。
これができるのがistick pico 25の最大のメリットですよね。
今まで使えなかったアトマイザーが使えちゃいます。

…ちょっと歪んでるけどまぁいいや。
バッテリーの蓋とも(当たり前ですが)干渉することなく使えます。

使ってみる

とりあえず使ってみましょう。
既に過去記事見ていただいた方には分るでしょうが、私このアトマイザーあんまり好きじゃないんですけどね。
むっちゃミスト出る&何か漏れる。
コイルの個体差かと思ってたんですけど…これも漏れるんかい。

爆煙志向アトマイザーの割には少しドローの若干の重さが気になるところですが、
やっぱりもっくもくですよもっくもく。
いやでもこのキットはやっぱりそこじゃないと思うの。MODだと思うのメインは。

やっぱり液晶が見やすくなりましたね。
情報量が増えたというか。
あとファイアボタンも押しやすくなりました。

一番は25mmサイズまでのアトマイザーが載るってのが大きいですよね。
今までここがネックだった人も結構いるんじゃないでしょうか。
ヒートシンク付けたりバッテリーキャップを改造とかサードパーティ製のもの使ったりとか、
色々頑張って23mm以上のアトマイザーをつけたい人いたんですよ。結構な人数。
それがこれならそのまま装着できちゃう。超便利。

個人的にデザインは微妙になりましたが使いやすくはなったと思います。
既にistick picoを持っていて不満が全くない方にはいらないのかもしれませんが、
購入を検討している方や持っているけどやっぱり載せるアトマがああ!って方にはオススメ。
私は両方使うけどね!

ベプログショップで購入するとSONY VTC4 30Aバッテリーがセットになっているので、
購入してすぐに使用できます。

購入はコチラから↓
ベプログショップ

 

↓気が向いたらポチっとな。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 - スターターキット