vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

Eleaf istick pico RDTA スターターキット レビュー

 

Eleaf istick pico (イーリーフ アイスティック ピコ) RDTA スターターキットのレビューです。

提供していただいたのはVAPPHealthCabinです。
ご提供ありがとうございます!

最近タンク内蔵型のMODをよく見ますが、ついにRDTAまで内蔵になりました。
RDTAは好きで毎日使っていますが、内蔵ってどうなの?
そして何でこんな厨二病な柄にしたの??
って事で早速見ていきましょう。

スペック

  • Eleaf製
  • タンク容量:4.2ml
  • RDTA
  • バッテリー容量:2,300mAh
  • 出力ワット数:1-75W
  • 出力モード:VW / Bypass / Smart / TC (Ni / Ti / SS / TCR-M1,M2,M3)
  • 抵抗範囲:0.05Ω~1.5Ω(TCモード)

タンク容量思ったより多くないのね…。
内蔵タンクなら6mlくらいは入って欲しいなというところ。
内蔵型の利点が少ない様な…。
まぁTC含め色々モードがあるのは使やすとは思います。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。

パカッと開封。

中身はこんな感じ。

  • istick pico RDTA 本体
  • クラプトンコイル × 2
  • コットン
  • 充電用マイクロUSBケーブル
  • 交換用Oリング
  • マニュアル

必要最低限って感じです。
ていうかあれ?ドライバー入ってないんですね。
ビルドのときに使うけど…ケチったのか!(多分違う

まずはバラしてみます。
MOD本体とリキッドチャージ部のパーツ、エアフロー穴の空いたチューブ、ドリップチップ一体型トップキャップです。
どうでもいいですけど何でこのデザインなんでしょ。
めっちゃくちゃ好み分かれると思うんですけれども。
無地の選択肢が欲しかったなぁ…。

まずはMOD。
本体にデッキが付いていて、タンク容量の見える小窓に液晶、充電用USBポートが。

上部はこんな感じ。
電源ON/OFFはこちらの上部にあるファイアボタン連続5回押しです。
istick picoではこの位置はバッテリーカバーだったんですが、
やっぱりこのトップにあるボタンは押しやすくていいですね。好きですこの位置のファイアボタン。

こちらが本体についているデッキ。
2ポール2ホールのデュアル前提デッキになっております。
これ単体でくるくる回せば外せますが特に外すことは無いでしょう。洗浄時くらいしか。
完全に初心者向けじゃないですね。私が苦手なだけかもしれませんけども。
2ポール2ホールのデュアルデッキ組みにくい…よね…?あれ…?

ボトムには+ボタンと-ボタンが。
そしてちょっと見える+ボタンと-ボタンの間にある穴。
ここにハードウエアリセットのためのボタンが付いています。
アップデートなどでフリーズした!?ってときに内蔵バッテリーだとバッテリーを抜くということができないため、
このリセットボタンを押して再起動をかける形になっています。

電源を入れると最初はVWモードになっているかと思います。
基本的な操作はistick picoと同じです。

  • モードの変更:電源ON中に、ファイアボタン3回押し→+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定
  • 抵抗値ロック:TCモード時にファイアボタンと+ボタン長押し
  • 上限Wの設定:TCモード時にファイアボタン4回押し
  • TCRモード設定:電源OFFのときにファイアボタンと+ボタンを長押し

ビルドしてみる

ではしゃーなしでビルドしましょう。
付属のコイルはちょっと好きじゃないのでカンタルにて。

26Gカンタル、8rapでマイクロ、デュアルです。
ドライバーが付属していないので個人で準備しましょう。

抵抗値は0.53Ω。0.5Ω狙いだったのでちょうど良さげ。
微妙に高さ違うし歪んでますが、火を入れるとバランスが丁度良かったの。これでいいの。

コットンを通して…何かタコの足っぽい。きもい。

適当な長さに切ります。
もう気持ち短くてもいいかなと。

で、ジュースホールのある…なんだこれ…何かパーツ…を付けます。
この部分からリキッドをチャージするわけですね。

チューブとトップキャップを締めて完成。

とりあえず吸ってみます。
リキッドはVAGABOND VAPOURのKulka Koolです。

うん…うん、美味しいよ。うん…。美味しい…けどさ。まぁリキッドが美味しいんだけどもさ。
全く味出ないとかそんな事なくてめちゃくちゃ美味しい訳でも無いけど普通に味出るけどさ。
これタンク内蔵にする意味あるのかな…。
istick picoに適当なRDTAのせた方が楽じゃないかな…。
内蔵バッテリーも楽だけどバッテリー交換できるistick picoにタンク洗浄できる単体のRDTAの方が…楽じゃないかな…。

別に悪い訳ではないんですよ。
いやデッキの構造は個人的には好きじゃないけどまぁ2ポール2ホールなんてよくあるし。
サイドからのリキッドチャージもまぁ…好きずきだと思いますし。
ただ万人受けする構造ではないなと感じます。色々と中途半端な感じ。

内蔵バッテリーが良い、そして爆煙用というほどのドでかいRDTAはいらない、
かつpicoくらいのMODサイズがいい、同じリキッドばっかり吸ってる、そしてデザインが気に入った!って人用じゃないかなーと。

私としてはサイズ感も使用感も気に入ったんですが、
このデザインとデッキ構造だけ好きになれない。特にデザイン。無地が良かった…。
同じもので無地デザインが出てたら買ってたかも。
うーん…削るか。柄。

購入はコチラから↓
VAPING APE TOKYO 渋谷店

 

↓ポチっとされると喜びます。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 - スターターキット