vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

FyHit CS Pen kit スターターキット レビュー

 

FyHit CS Pen kit (ファイヒット シーエス ペン キット) スターターキットのレビューです。

提供していただいたのはCigGoさん。
ご提供ありがとうございます!

1本吸うごとの面倒な充電必要が無く、たばこスティックをもっと手軽に吸えるデバイスが登場しました!
お手入れも楽で細身のこちらのFyHit CS Pen。
アイコスのヒートスティックが使える専用のデバイスです。
早速見ていきましょう!

開封してみる

とりあえず開けてみます。

箱です。

パカッと開封。
…思ったよりデカいなこれ。

中身はこんな感じ。

  • FyHit CS Pen 本体
  • FyHit CS Pen マウスピース
  • パイプクリーナー
  • クリーニングブラシ
  • USB充電器
  • 取扱説明書

ヴェポライザーっぽい見た目。
そう、ヴェポライザーって案外大きいのですよね…。

取扱説明書には日本語の記載もあるんですが、
結構怪しい日本語な上にちょいちょい間違ってます。
キットの内容品とか全然違うやんけ、って感じです。
いやそこはそもそも日本語がどうのとかいう部分じゃないんだけども。
なんとなーく大体把握できるかな、くらいで考えるといいかと思います。

スペック

  • バッテリー容量:2,200mAh
  • セラミックチャンバー
  • 稼働時間:約12本分
  • パフ可能回数:約16回
  • 温度変更可
  • 充電時間:約2.5時間
  • 本体サイズ:縦 約120mm x 幅 20.5mm

長さ約120mmってやっぱり大きいよね?

私の薄汚れまくったアイコス、iBuddyと比べるとこの通り。
確かに細身ではあるけどちょっと長すぎる気もする。
もうちょいどうにかならんのかなぁ…バッテリー容量的に難しいのか。

FyHit CS Pen

では本体を見ていきましょう。

こちら側にはロゴとLEDライト付ボタンがついています。

反対側に充電用のUSBポートがついています。
ちょっと見辛いね。

ここです。下部に差し込み口があります。

上部にはエアホールが計4か所空いています。

マグネット式になっているキャップを外すと、ヒートスティックの挿入口が出てきます。

全然見えないけど内部の中央にはブレード状ではなく、棒状に丸く細い加熱部が。

あんまりにも見えないからこのシリコンのマウスピース(って書いてあるけどここ咥えたりしない)を外しましょう。

引っ張るだけで簡単に外れます。

ほうら見やす…ピント合ってないよねー。
何回撮影しても合わないよねー。もう諦めた。察してください。

使ってみる

では早速使ってみます。

今回使うのはアイコスのヒートスティック、ミント。
もうやめてしまったアイコスですが、ずっと吸ってた銘柄です。

まずはチャンバーにヒートステイックを差し込みます。

説明書にはなぜか(咥えないけど)シリコンのマウスピース外せって書いてありますが、
外して使うものじゃないですこれ。
めっちゃくちゃ不安定だし。
マウスピースはつけたままヒートスティックは入れてください。

そしてこちらのボタンを3秒間長押しで電源ON。
本体が振動し、電源が入ります。
その後LEDがゆっくりと3回点滅するのですが、その点滅の色はバッテリー残量により変わります。

  • 青:バッテリー残量70-100% >4V
  • 紫:バッテリー残量30-70% 3.8V-4V
  • 赤:バッテリー残量30%以下 ≤3.8V

バッテリー残量を3回の点滅で知らせた後には、モードごとに違う色のLEDが点滅します。

  • 青:温度低
  • 紫:温度普通
  • 赤:温度高(推奨設定)

このモードの変更は、電源ON後にボタンを連続2回押しで可能になっています。
2回押すごとにモードが順番に切り替わります。
ただめっちゃくちゃLEDの色が見辛いのが難点。
上にある画像が赤ですが、暗くない?これ。

こちらが紫。

こちらが青です。
LEDの点滅が点灯に変わると吸うことが可能になります。

パフ回数をカウントしているそうで、13回吸うか、もしく電源ONから5分30秒経過するとLEDが5回点滅してお知らせし、
16回吸う、もしくは電源ONから6分経過すると、本体が振動して加熱が自動的にOFFになります。

吸い終わったらパワーボタンを2秒長押しで電源OFFします。

吸い終わったらヒートスティックをそのまま回しながら引っ張り、取り出して捨てます。

取り出してヒートスティックを見るとムラの無い綺麗な加熱をされています。
ちゃんと全体的に黒くなっているのが分かりますねー。

掃除

掃除はパイプクリーナーやクリーニングブラシで。

マウスピースを外し、ブラシやパイプクリーナー(という名の綿棒)でゴシゴシ掃除して、残ったカスを捨てます。

まとめ

吸ってみるとアイコス本体で吸った時よりもしっかり味が出ている感じがします。
ムラの無い加熱のされ方だからかと思います。
タバコ感アップするので、逆に薄くした人には向かないかもしれません。
そしてまたこれ16パフ以上吸えるんですが…?数えたら23パフできました。
やっぱり吸う力が弱いと反応しないのかも。

そして蓋がマグネット式なのが良いところで悪いところ。
楽で便利だし、蓋があることでカスがカバンやポケットに飛び散らないのはいいのですが、
結構簡単に蓋が取れます。マグネットの強さがちょっと弱いのかも。
でもアイコス本体と違い、蓋が外れていたから充電できなかった、ということは無いのでそこは安心です。

掃除もアイコスに比べると気持ち楽かもしれません。
ホルダーキャップ掃除が無い分お手軽ですね。
ただあんまりゴシゴシし過ぎると加熱部を折る可能性もあるので注意です。

やはりチェーンしたい人には本家本元のものよりこういった互換機がいいのかも。
私はチェーンして吸えない(気持ち悪くなる)ので分からないんですが、
めっちゃ連続で吸う人いるじゃないですか。あぁいう人は互換機の方がいいよねきっと。

ちょっと見た目がデカくて目立つし、持ち運びするにもちょっとポケットとかには収まり悪いんですが、
iBuddyのボックス型がちょっとな…ってひとはこちらのペンタイプのFyHit CS Penの方がいいのかも。
ヴェポライザー使いの方なら慣れ親しんだサイズ感かもしれないし、そういう方にもオススメかと。

↓コチラで購入できます
CigGo

 

↓ポチっとされると喜びます。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link

hiliq.com



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 - 加熱式たばこ/ヴェポライザー