vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

JUSTFOG FOG1 スターターキット レビュー

 

JUSTFOG FOG1 (ジャストフォグ フォグワン) スターターキットのレビューです。

提供していただいたのはベプログショップさん。
ご提供ありがとうございます!

評価の高いペン型スターターキットのこちら。
日本のVAPEショップのPROMIST VAPORさんと、韓国の人気VAPEメーカーJUSTFOGさんの共同設計…?なのかな…。
多分きっとそうなんだと思われる。交渉してお届けするって書いてあったし。

ペン型スターター好きなのですよ私は。
だって楽じゃん?そして大体小さくて軽いじゃん?
それでしかも美味しいと聞けば気になるってもんですよ。
早速見ていきましょう。

スペック

  • JUSTFOG製
  • タンク容量:1.99ml
  • ペン型オールインワン
  • タンク素材:PC
  • バッテリー容量:1,500mAh
  • 電圧:3.3-4.2V(自動調整)
  • サイズ:113.5mm × 20mm
  • 重さ:82.9g

タンクの素材がガラスじゃないことがちょっと不安。
軽いメンソール程度なら大丈夫でしょうが、柑橘系のリモネン入りリキッドなんかはどうなんでしょうね。
バイエル社製ポリカーボネイト製のタンクチューブということで、アクリルに比べ耐衝撃性には優れているそうですが。
あとはオールインワンなのでベースパーツが分解できない、洗浄できないのが気になるところ。
ある程度吸うリキッドを固定してしまえば多少は気にならなくなるとは思います。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。

横からスポンと引っ張り、

パカッと開封。

中身はこんな感じ。

  • FOG1 本体
  • コイル × 2 (0.5Ω DLコイル、0.8Ω MTLコイル)
  • 交換用Oリング
  • マニュアル

充電用のUSBケーブルが無いってことは完全にサブ機を想定してるんでしょうか。
既にVAPE始めてる人なら腐るほどUSBケーブル持ってるもんね。いらないよね。
オールインワン型だし最初のVAPEってよりは吸うリキッドがある程度決まってる人のが良さそうだし。
そしてコイルの設定が凄く使いやすい抵抗値2種なあたり、凄く日本人の好み分かってますよね感ある。
ただPCタンクチューブの予備はちょっと欲しかったかなぁ…。

それでは早速パーツを分解して見ていきましょう。
左からバッテリー、エアフローリング、PCタンクチューブ、トップキャップ、ドリップチップ。

こちらがバッテリー部です。ボタンは1つだけ。
電源のON/OFFはこのボタンを3回連続押しです。
3回と分かっていても5回押しちゃいます。
そしてボタン上部にあるLEDが電源ON時やパフ時に光るんですが、もうね、ものっそい光るの。

ね?めっちゃ光る。
光り強過ぎて目が眩むレベル。
もうちょっと優しい光でも良かったんやで。

そして上部に見える穴がエアホールです。
ここにエアフローリングを装着して、エアフローの調節を行います。

ボタン裏側には充電用のUSBポートが。
マイクロUSBケーブルは自分で準備しましょう。
既にVAPE用品を持っている人なら持っているはず。
無い人は電気屋さんへ。

ボトム側には刻印とベントホールが。

そしてこちらがエアフローリングです。
普段特に外す必要はないです。

バッテリー部のエアホールへはめ込んで使います。

こちらがPCタンクチューブ。
1.99ml容量というもう2.0mlでええやん的なタンクです。
EUの規制に対応させるためでしょうか…。2.0mlでも対応だったと思うけど。
リキッドを入れるときははMAXのところまでにしましょう。

で、チューブを取り付ける際ですがこの▼の部分に注目。
ちょっと出っ張りがあります。

この出っ張り部分をバッテリー側の凹んでいるところに合わせてはめ込みます。

こちらがトップキャップ。
510ドリップチップ対応です。

チャイルドプルーフタイプのキャップなので、ちょっと中央部がペコペコ動きます。

こちらがドリップチップ。
510規格のものです。

内側は口元に向かって少しだけ広がっている逆テーパータイプ。
でもほんと少し。

コチラが付属のコイル。
0.8Ωと0.5Ωの2種です。
対応W数書いてありますけどオールインワンタイプなのであんまり意味が無いような。

中はスピットバック防止用だと思われる蓋状のものが装着されています。

コイルはクルクルっと回してバッテリーの上部へはめ込みます。

そしてチューブを凹凸確認して装着。

トップキャップを装着します。
チャイルドプルーフなので押し込みながら回します。

使ってみる

それでは使ってみましょう。
入れるのはYunlinです。
リキッドをチャージして15分ほど置いて吸ってみます。

エアフロー全開でいってみましょう。
全開でもスッカスカというほどではなく、少し引っ掛かる感じがありますねー。
DLでシュゴーー!っと吸うにはちょっと重いかな?
では全閉で。
あっ全然吸えませんねこれ。精度よさげ。
個人的にはエアホール1/3くらい開けて吸う感じが好み。

いやしかしこれ。味の出方は思ったより普通だな。
いや決して悪いわけじゃないんですよ。普通に美味しいと思いますよ。
ただ想像以上に普通ってだけで。
ちょっと事前の評判で期待し過ぎたのかもしれませんね。
それでもクリアロの中では美味しい方だと思います。
決してRTAくらい美味しいとは言わないけどもまぁ美味しい。良いねこれ。

数日持ち歩いても特に漏れもないし、ジュルることも特にない。
バッテリーの持ちも1日分には十分。
お手軽なサブ機としては使いやすいと思います。
Arcusとはリキッドの気分次第で使い分けようかな。

ちょっと期待しまくっていただけに想像以上に普通だったんでアレなんですが、
使いやすさや味はペン型オールインワンスターターとしては良い方です。
安いし、1本くらい持っていてもいいんじゃないかなと思います。

購入はコチラから↓
ベプログショップ

 

↓ポチっとされると喜びます。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 - スターターキット