vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

SAROME TOKYO SAROME VAPE-1 スターターキット レビュー

 

SAROME TOKYO SAROMEVAPE-1 (サロメトウキョウ サロメベイプワン) スターターキット のレビューです。

提供していただいたのはベプログショップさん。
ご提供ありがとうございます!

国内メーカーであるSAROME TOKYOが販売するコチラのキットは、ぱっと見は普通のリキッド付きペンタイプスターター。
でもこちらのキットのドリップチップはPloom Techのたばこカプセル対応となっているもの。
最近増えましたよねーPloom Tech対応な色々。
全国発売されてないので本体が手に入りにくい&ほとんど構造はVAPEってので増加する一方です。

SAROMEって何か聞いたことあるなーと思ったらライター等の喫煙具を販売しているあのSAROME!
1940年創業の老舗国内メーカーです。そういえば昔ライター持ってました。確か細い電子ライター。可愛いのよ。
こちらのSAROME VAPEはどうなのか、早速見ていきましょう!

スペック

SAROME VAPE本体

  • SAROME TOKYO製
  • アトマイザー容量:2.0ml
  • バッテリー容量:650mAh
  • コイル抵抗値:1.1Ω
  • 最大出力:10W
  • サイズ:高さ:133mm x 幅:14mm

SAROME TOKYO ダブルグレープ

  • 10ml
  • グレープメンソール味
  • 60VG/40PG
  • ノンニコチン
  • 生産国:日本

スペックといい見た目といいEleafのiCare 140と同じですねー。
OEMでガワを変え、ドリップチップを変更したものでしょうね。
ただ圧倒的にこっちのほうが見た目がおしゃれ。塗装が安っぽくない感じになった。
付属するリキッドは初心者が吸いやすい分かりやすい系統の味になっています。
Ploom Techのメビウス・パープル・クーラーフォー・プルーム・テックというベリーメンソールタイプのたばこカプセルに合わせたセットになっているそうです。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。
紙箱に入っています。

とりあえず紙箱から中身を…中身…
出ねぇよ!ピッタリサイズ過ぎるよ!!

出てこなさ過ぎて箱を破壊しようかと思いましたが反対側を開けて押し出すことにしました。
箱から出すのに5分ほどかかったわ…。

で、中身のケースです。
プラスチックのパッケージ。

パカっと開封。中身はこんな感じ。

  • SAROME VAPE 本体
  • SAROME TOKYO リキッド (ダブルグレープ メンソール味)
  • 1.1Ωコイル x2
  • シリコン製ドリップチップカバー
  • 充電用USBケーブル
  • マニュアル

何だか分かりやすくて珍しいパッケージ。
マニュアルはもちろん日本語です。

SAROME VAPE本体

まずは本体から見ていきましょう。

中身はiCare 140と同じなのですがまぁ一応分解してみました。
左から本体バッテリー&タンク、トップキャップ&チムニー、ドリップチップです。

本体タンク部には黒いラインが入っており、リキッドを入れる量の目安になっています。
これ以上リキッドを入れると、コイル取り付け時に溢れるのでこの線以下までにしましょう。

電源ON/OFFはこちらのファイアボタンを連続5回押し。
電源ON状態でファイアボタンを押しながら吸います。

充電はサイドにあるこちらのUSBポートから行います。

トップキャップ&チムニーです。
丸い穴はエアホール。調整はできないですが、指で塞げば多少ドローは重くなります。
完全に塞ぐと吸えなくなるので注意です。
これにコイルを取り付けます。

ドリップチップは510規格のものが使用可能です。
なので他のドリップチップをつけても使用できます。

ドリップチップです。

510規格でPloom Techのたばこカプセルが使用できるものになっています。

よーく中を見ると塞がっているようにも見えます。
これはリキッドの跳ね返り(スピットバック)を防止するオリジナルの構造になっていて、
たばこカプセルの下側がベトベトになるのを塞ぐ効果があるそうです。

こちらがコイルです。
1.1Ωでi careシリーズと同じコイルになっています。

ジュースホールはかなり小さめのものが4つなので、粘度の高いリキッドだと供給不足になる可能性があります。
VG70:PG30よりもPG比率が多いものが良いと思います。

このコイルをトップキャップ&チムニーに装着します。

こんな感じ。

たばこカプセルはドリップチップにはめ込んで使用します。

こんな感じ。
ただサイズがちょうどよ過ぎて固いです。
装着するにも外すのにもちょっと苦労しました。

シリコンカバーが付属しているので、汚れを防止することが可能です。

SAROME TOKYO ダブルグレープ

とりあえずいつも通り普通にリキッドをテイスティングしてみましょうかね?
まずは香りチェックから。
おぉ?結構ガッツリと巨峰の香りする。
甘いグレープキャンディやグレープガムのような香り。

そして数滴ぺろっとしてみます。
おぉ…そこそこメンソール強め。
めっちゃくちゃスースーするってほどでもないですが、セットの内容的には強めメンソールの方がいいもんね。
ただグレープの甘さがメンソールの苦みで分からない。

では吸ってみます。いつもの環境のFreak show mini、カンタル26G、2.5mm径のシングル、0.95Ωの16Wにて。
まぁ…思った通りの味というかなんというか?
ほんのりグレープの風味のするメンソールです。
変にケミ臭がするようなのじゃなくて、グレープメンソール味。分かりやすい。
あっさりしてて甘さはあまり強くないですが、たばこカプセルと一緒に使うならあんまり濃い味だと疲れそうですしちょうどいいのかも。
薄いグレープの味でメンソールな分かりやすいリキッドです。

使ってみる

それでは吸ってみましょう。
付属のリキッドを使用して、まずはたばこカプセル使わずにそのまま吸ってみます。

うん…iCareの味やな。
まぁそりゃそうなんですけども。
味のイメージはRDAで吸った時とさほど変わらずあっさり薄口グレープメンソールです。
これはこれでいいよね。これが本領じゃない。

ではPloom Techのたばこカプセルを使用してみましょう。
?????分からん。うん?分からん。
何言ってんねんって感じですが、グレープの味がね…分からん。

メンソールが強くなったのでたばこカプセルのたばこ感が減りました。
そしてベリー感も減った気がします。
さらにグレープはどこかに消えました…あれ?
後味を探すとかすかにいるかなー?くらい。

吐き出したミストは完全にグレープの香りなんですけど…。
吸ったら薄いベリー感のあるメンソールたばこ味なんですよね。
メビウス・パープルの味がそもそもあんまり好きじゃない私からすれば吸いやすくなって良かったんですが、
グレープとベリーの味になる!…というわけではないようです。

ただ合わせる事で個人的には本来の味よりも吸いやすくなってるので良い。
パープル持て余していたのでこれで消化できそうです。
メンソール感も合わせて吸った感じがちょうど良い塩梅です。うん。良い。

気になるドリップチップですが、確かに他のたばこカプセル使用可能ドリップチップに比べてたばこカプセルがビシャビシャになりにくい気はします。
寿命が延びるというのは良いですね。
ただ構造上ドリップチップ自体にリキッドが多少溜まります。
拭くなり洗うなりすればいいだけなのでどっちの快適さを取るか、という部分かなと思います。

全体的には良いPloom Techのたばこカプセル用キットだと思います。
これとたばこカプセル買えばPloom Techを楽しめますし。
Ploom Tech使わなくなってもこれでVAPEを楽しめますしね。
それぞれ別々に色々買った方が良いんじゃない?って方もいるでしょうが、全部入りが面倒じゃなくて良いって人はかなりいると思うんですよ。
本体が手に入らない!という方、またはカートリッジが減るのが早い!って方はこちらのキットを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

↓コチラで購入できます
ベプログショップ

 

↓ポチっとされると喜びます。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link

hiliq.com



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 - スターターキット