vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

Vandy Vape Pulse 22 RDA アトマイザー レビュー

 

Vandy Vape Pulse 22 RDA(ヴァンディベイプ パルス 22 RDA)のレビューです。

提供していただいたのはVape Sourcingさん。
ご提供ありがとうございます!

独特なエアフロー形状が気になるこちらのアトマイザー。
TonyさんとかいうYoutuberとVandy Vapeのコラボ作品さそうな。Tonyさんて誰だ。
24mm径のものもあるのですが私はやっぱり22mm径のコチラが好き。
しかもBF使用可能。
早速見ていきましょう!

スペック

  • Vandy Vape製
  • ステンレススチール製
  • ポストレスデッキ
  • アトマイザーサイズ:直径:22mm x 長さ:32mm
  • BFピン
  • 510接続

苦手なポストレスデッキではあるものの、今個人的にハマってるBFピン付き22mm径RDAです。
最近24mmとか25mmとかのアトマイザーばっかりで少し悲しみ。
小さければ小さいほど嬉しい派にはやっぱり22mmアトマ気になるよね。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱はこんな感じ。

パカッと開封。

中身はこんな感じ。

  • Pulse 22 RDA 本体
  • デルリンドリップチップ
  • 交換用Oリング
  • 交換用イモネジ
  • ポジティブピン
  • 510ドリップチップアダプター
  • コイルジグ
  • T字レンチ
  • マニュアル

通常のポジティブピンが入ってるのが良いですね。
無いやつはBF以外で使いにくいしね。

まずはバラしてみます。
左からウルテムドリップチップ、トップキャップ、エアフローリング(でいいのかな)、ベースデッキです。
パーツは普通のRDAのパーツ量ですね。

こちらがドリップチップ。

径が大きいハーフインチサイズドリップチップです。

交換用のデルリンドリップチップと比べてみます。

ほっとんど径同じですね多分。
せっかく別のもの付けるならサイズも変えれば良かったのに。

こちらがトップキャップ。

最近ではもはや当たり前になりつつあるドーム状ではありません。
エアホールは2つずつ対角線上に2か所空いています。

こちらは510ドリップチップ接続用のアダプターです。

トップキャップの上部にはめ込むと、510のドリップチップが使用できます。

こんな感じ。
…もっと細いの付ければよかったかね…分かりにくいかな。

これがエアフローリング(?)エアフローチューブ(?)です。
下向きに伸びているエアフロー部が特徴です。

こういう形状ならドリップチップ上からドバーっとリキッドチャージしても、
エアフローからダバー!ってならなさそうで良い。
私はドリップチップからジャバーしないんでまぁ関係ないのですが。

こちらがデッキ。
ポストレスのシングルコイル用デッキになっています。

ジュースホールもそこそこ深めで保持力もありそうです。

中央に見えるのはBF使用時にリキッドが出てくる部分です。
上部とサイドに壁があることで左右のジュースホールへキチンとリキッドが供給されるデザインになっています。

ポジティブピンははBFピンから通常のポジティブピンへ変更可能です。
ボトム側には保護シートが貼ってあるのでひっぺがしてやりましょう。

ポジティブピンの出っ張り具合はこのくらい。
それなりに出ています。

こちらがポジティブピン。
出っ張り具合の調整が可能になっています。

付属のT字レンチでBFピンを回して、

外します。

そしてポジティブピンを入れます。それだけ。

ビルドしてみる

仕方がないのでービルドービルドしまーす。
前から思ってたけど私のビルド画像いるのかね。
誰も参考にしなくね?まぁいいかやるかしょうがないし使えないし。

付属の棒でカンタル26G、7rap。
径はほぼ2.5mmです。
デッキの外周部に凹みがあるので、その部分に合わせて位置を決めるといい感じになります。
ちなみにコイルの足を止めるネジはプラスネジですが、

付属の六角ネジへ変えることもできます。お好みで。

コットンをもさっと入れます。

エアフローチューブはこの位置で。

ピコにのせてみました。
とりあえずBFではなく普通に使ってみようかなと。

とりあえず吸ってみましょう。
エアホール全開でいってみます。
…めっちゃスカスカ。凄くスカスカする。
あんまし好みじゃない。

というわけで1個だけ開けた状態で。
…まだ軽いなぁ…もうちょい重くしたい…。
ので1個の半分くらいだけ開けて。
…これくらいが好きな重さ…だけど良さを犠牲にする感じ…。

これはあれだね、クラプトンとかツイストとかのワイヤーで組んでもっくもくさせた方が良さそうね。
ドロー重くして使うやつじゃないねこれ。どうしよう好みじゃないんじゃないこれ。
いやでもたまにもくもくさせたいときも無くも無いしアリなのか…。

というわけで煙量多めで使うならアリ。
ドロー重く煙量少ないのが好き!みたいな私のようなタイプはちょっと…違うかもしれない。
悪くはないけど良くもない。

ただ構造を考えればBF運用には凄く良いと思いますよ。
漏れを軽減できる構造なのが素晴らしい。
リキッドの保持力もあるし、もっくもっくチャージもっくもっくチャージで楽しめると思います。
もくもくBF運用派におすすめ。

↓コチラで購入できます
Vape Sourcing

 

↓気が向いたらポチっとな。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 - RDA, アトマイザー