vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

KangerTech NEBOX スターターキット レビュー

 

今回は初めてレビューの依頼をいただき、大変恐縮しつつ使ってみるKangerTech NEBOX(カンガーテック ネボックス)のレビューです。

提供していただいたのはVAPE COLLECTION
千葉県の柏市にてVAPEショップをされているお店です。

私、ド新人の上にMODの比較もできないし超正直者で悪いことも言いますがよろしいですか!と伺いましたところ、
全然おっけー!というお返事をいただいたのでありがたく使いレビューさせていただきます。

NEBOX スターターキット スペック

  • KangerTec社製
  • 温度管理調整機能(Ni/Ti対応)
  • LCDディスプレイ搭載
  • 最大出力:60W
  • 抵抗値:0.15Ω-1.3Ω
  • 温度制御範囲:200F-600F/100ºC-300ºC
  • アトマイザー容量:10ml
  • 18650バッテリー対応
  • 材質:亜鉛 アルミ デルリン(ドリップチップ)タンク(非公開 プラスチック?)
  • サイズ:高さ:86mm x 幅:58mm x 厚み:22.8mm
  • 重さ:154g

とりあえずスペックを見ても何がどうだか分からないよ!
温度管理MODだということは分かったよ!
とりあえず開けてみます。

内容物

KangerTech NEBOX_01箱はこんな感じ。

KangerTech NEBOX_02MODはこんな感じ。かくいい。

KangerTech NEBOX_03中身はこんな感じ。

KangerTech NEBOX_04私の手にはちょいと大き目。だがそれがいい。

  • 本体MOD ×1(SSOCC Niコイル 0.15Ωセットアップ済 )
  • SSOCCコイル 0.5Ω(Kanthal)
  • mini RBA plus ユニット
  • コットン
  • 予備ネジ
  • USBケーブル
  • 小型ドライバ
  • シール
  • 英語マニュアル
  • 18650バッテリー×1(VAPE COLLECTIONで買うとついてきます。嬉しい。)

…なんなんだろうこの不思議な形状。私が知ってるMODと違う…。

ちょいと調べてみましたが、こちらはオールインワンというデザインだそうです。
ボックス内にバッテリーもリキッドタンクもあり、リキッドの補充をあまりしないくてもおーけーだそうな。
アトマイザーが中に入ってるようなものですね。なるほどなるほど。
…なんてこったい、10mlも入るのかい!ずっと吸っていられるじゃないか!!

しかしその代わりにアトマイザー単体で洗浄することができないというデメリットがあります。
なので使うリキッドはある程度の味のジャンルを決めてしまった方がよさそうです。
常用リキッドを決めてしまってる人用ですかね。私決まってないけど。どうしよう。
一応洗えなくもないそうなのですが非推奨。

プリメイドコイルとRBA用ユニットやらコットンやらなんやらあるのがいいですね。
ビルドめんどくさい人でもこだわりたい人でも色々対応できる新設設計。

KangerTech NEBOX_05ここがタンク。

KangerTech NEBOX_06ここからリキッドを補充します。

KangerTech NEBOX_07こっちはバッテリーを入れるところ。上側(ドリチ側)が+極です。

操作方法

KangerTech NEBOX_08

電源の入れ方:パワーボタン 5回押し
Wモード/温度管理モード(Ni200/Ti)切り替え:電源が入った状態でパワーボタン 3回押し、+-で調整してパワーボタンで決定。
M1:Ni200 温度管理ニッケルコイルモード(Niと書かれているコイルを使う場合)
M2:Ti 温度管理チタンコイルモード(Tiと書かれているコイルを使う場合)
M3:W-MODE Wモード(通常のコイルを使う場合)

始めてコイルを設置した場合はNEW LOAD or OLD LOADの選択肢が出る場合があるので、newの+ボタンを押します。
同じコイルを抜き差しした場合はsame coilなので-のボタンを押します。

電源オフの状態で+-ボタン長押し:メモリモード設定(温度・出力を任意で6つまで選択可能)
電源オンの状態で+-ボタン長押し:メモリモード切替

あと、こちらのNEBOXは充電時には本体を横に倒して行わないといけないそうです。
充電中にバッテリー温度が上がる→タンク内で圧力がかかる→リキッドがぎゅーっと出てきてリキッドが漏れる。だそうな。
横に倒して充電することにより、ジュースホールが空いて圧力がかかりにくくなり、漏れが軽減するそうです。
充電する時には気を付けましょう!

使ってみる

常用リキッドがまだちゃんと決まっていない私なので悩む。うーーーんーーーーーどうしようどうしよう。
とりあえず混ざっても大丈夫そうなあっさりでメンソール以外のものをチョイス。うん、KURENAIだな。そうしよう。
と思って色々調べていたら、こちらのタンク、プラ製とのこと。メンソダメじゃない。

ということで丸1日使ってみました。
普段愛用のiStick TC 40Wと比べるとやはり少し重い&デカいのが気になるところ。
でも他MODにくらべると収まりのいいサイズ感です。

あとずっとステンレスのドリチだったんですが、POM(ポリアセタール?)製のドリチ、熱くならなくていいですね。
ただちょい太い。細いやつが別に欲しいところ。何かステンレス以外を買おうそうしよう。

ドローがとても軽いです。すっかすかです。調整もできません。
個人的にはもうちょい重めのドローが好きです。

リキッドの補充は1日どころか数日はしなくてもよさそうです。
これはまぁ個人差がある部分ですが、私は職場ではiQOSしか吸わないので余裕で持ちます。
これめっちゃ便利!別にリキッド持ち歩かなくていいってかなりラクです。
リキッドの変更できないというデメリットはありますがそれを差し引いてもいい。

バッテリー交換式が初めてだったけども、これはめんどくさいけど便利。
どっちだよと言われそうですが、交換するのはめんどくさいけどバッテリー切れに電池交換ですぐ対応できるのは便利。
結論から言うと便利。

まとめ

とりあえずスターターキットとしてはあまり初心者向けではないです。
常用リキッドが決まってないとちょっと嫌かもしれない。
あとはバッテリーが別途必要。VAPE COLLECTIONで買えばついてきますけど、ついてこないお店の方が多いかと。

でもある程度の中級者以上ならいいのではないでしょうか。
だってラクちんなんですもの。オールインワン。
温度管理できるしリビルドできるしプリメイドも選択できるし。
いやでもどこにもまだ売ってないんだけどね、替えのプリメイドコイル。

あとデザインかっこいい。こういうのすごく好き。
つるんとしてて色合いもきれいです。

他のスターター等で常飲リキッドを決めて、さーて次に何かスターターキット欲しいなー、
オールインワンってちょっと気になるなー、ビルドとかしてみたいなー毎回はめんどいけど、
という方が購入するのがおすすめかなと思います。
私がコレ↑の常飲リキッドがまだの人なので、リキッドさえ決めてしまえばかなり使いそうだなと思いました。

購入はコチラから↓
VAPE COLLECTION KangerTech NEBOX スターターキット

 

↓気が向いたらポチっとな。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link




 - スターターキット, テクニカルMOD, MOD