Vape2u

vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

VAPONAVI

primestyle

RTA アトマイザー

Asvape zeta MTL RTA アトマイザー レビュー

投稿日:

Asvape zeta MTL RTA (アズベイプ ゼタ MTL RTA ミニ)のレビューです。

提供していただいたのはEVERZONさん。
ご提供ありがとうございます!

MTLのアトマイザーが出まくる私歓喜の状態ですが、またまたMTL特化のアトマイザーが発売されておりました。
それがこちらのzeta MTL RTA。
かなり背も低くて小さいもの好きでもある私としては気にならないわけがない。
さらにセラミックベース、セラミックチャンバーでセラミックな味(?)を楽しめるそうな。
ということで早速見ていきましょう!

スペック

  • Asvape製
  • アトマイザー容量:2.5ml
  • ウルテム(PEI)タンク
  • アトマイザーサイズ:直径:22.0mm x 長さ:28.0mm(ドリップチップ/ポジティブピン除)
  • シングル前提デッキ
  • 4段階のエアフロー調整
  • トップフィル
  • 510接続

倒しても割れにくく、なおかつ薬剤耐性も高いウルテムタンクなのが嬉しいポイント。
見た目の好き嫌いはあるでしょうが、素材としては好きな素材です。
かなり背も低くて小さいは正義派にはたまらんのではないかと。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。
プラスチック製のAsvape独特なやつ。

スライドしてパカっと開封。

中身はこんな感じ。

  • zeta MTL RTA 本体
  • プリメイドコイル x2
  • ポジティブピン 2種(内径2.3mm/1.5mm)
  • 交換用Oリング
  • 交換用ネジ
  • セラミックベース x2
  • マイナスドライバー
  • マニュアル

ポジティブピンが2種あることと、セラミックベースなるものがあるのが特徴的。

こちらがOリングやらネジやら工具やらと、ポジティブピンにセラミックベース、コイルです。

バラしてみます。
ベースデッキ、ウルテムチューブ、タンク、チャンバー、トップキャップ、ドリップチップです。

こちらがドリップチップ。
510規格の樹脂製です。
シルバーカラーの方はステンレス製になっています。

内径はかなり狭め。
接続部の方は内径約5.0mmとなっています。
吸い口に向かってドーム状っぽくなってる感じ。

吸い口側は内径約2.0mmほど。
じゅるじゅるしない程度に絞ってあります。

こちらがトップキャップ。
510規格のドリップチップが装着可能です。
文字などの部分が指に引っ掛かるので、持つ部分は狭めですが滑らず外しやすいです。

裏側はでっかいOリングがはまっています。
これもOリングでいいんだろうか。

こちらがチャンバー。
小さい穴はジュースホールです。
かなり小さいものの案外ちゃんとリキッドの供給はされます。

チャンバー内部はこんな感じ。
左右にちょろっと溝が彫ってありますが、この部分にコインを当てて回すと分解しやすいそうです。
私は普通に外せてしまったんですが、外れない場合にはコインを使用しましょう。
中に見えるセラミックも外せるそうなんですが、どうやっても外れませんでした。諦めた。

こちらがタンク部。
リキッドチャージする部分はこの上からです。

内部はこんな感じ。

こちらがウルテムタンク。

基本的にこの状態から分解することは洗浄するときくらいしかないと思います。

こちらがデッキです。
シングル前提ポストレスデッキとなっています。

裏側にはロゴなどが入っています。

エアホールはカチカチとクリック感のある段階式。
4段階にカチカチと回せますが、中途半端なところでも一応止めることはできます。

ポジティブピンはこれでもか!と出ているので、ハイブリッド接続のMODでも心配無さそうですね。

コイル足固定ネジはこちらのサイドにあります。
凄い無理くりここにしました感あるよね。

コイル足を突っ込む部分以外に何だか凹みがありますが、
この部分にセラミックベースを取り付けるそうです。
ここに取り付けて何の意味があるのかは分からない。

これがそのセラミックベース。
割れる可能性もあるので予備も入ってます。

こんな風にコイル足の部分やコットンホールと合わせて上に置くだけ。
何か意味あるの?これ。

最初見た時は「RTAでBF!?BFピンなの!?!?」と思いましたがこれはただのポジティブピンです。無念。
ポジティブピンでエアフローの調整もできるようになっています。
内径は約2.3mmのものと約1.5mmのもので2種類。
ただポジティブピンを変えてみてもそこまでドローの違いは感じられなかったです。
個体差なのかなぁ。

ビルドしてみる

では早速ビルド。
せっかくなので付属のコイルを使用します。

こんな感じで。
恐らくNi80の26G、2.5mm径で10rapです。

セラミックベースは上に乗せているだけなので、ビルド中にカタカタ動いてめっちゃ邪魔です。
これは大げさに横倒しにして分かりやすくしていますが、本当に邪魔。
なんでこんな仕様にしたんだ……?

抵抗値は0.96Ω。
大体1.0Ωくらいになるようです。

コットンをぶち込みます。

リキッドチャージはこちらから。

使ってみる

それでは吸ってみましょう。まずはエアホール全開で。
ポジティブピンはどちらもさほど変化がないように感じたので細い内径1.5mmの方を使用します。
うーんまぁまぁ重いかな?重めDLって感じでしょうか。軽いMTL?
ではエアホール全閉で。
かなり重いMTLですね!全然吸えないという事はないですがかなりの重さです。

肝心のセラミックの効果ですが、正直さっぱりわかりません。
味が出ないって訳じゃないんですが、特別クリアになる!とかそういうこともないです。
…いらなくない?セラミック。
いや別に味薄くなるわけでも無いのでどっちでもいいって感じなんですけど。
うーん。まぁいいや。普通に味は出ます。ただ何となく納得いかない感じがするだけで。

チャンバーの分解が若干面倒なのが気になるところですね。
コイン使わなくても一応分解できましたけど、これも個体差かもしれないし。
毎回コイン準備するのも面倒だなーって気もします。
あとポジティブピンはもうちょっと差が感じられても良かったかなー。
いやこれも個体差かもしれないけどさ。
ビルドの時にセラミックベースが邪魔なのも気になる。いらんやんこれ。いる?これ。ねぇ。

MTL派にはドローの重さや味の出方、サイズ感などはそこそこ満足できるアトマイザーだと思います。
ただ気になるところ多いよねっていう感じで。
悪くはない。決して悪くはない。
ただ気になる。それだけ。
見た目が気に入ればそれでいいんじゃない?って思います。

↓コチラで購入できます(クーポンコード『Vape2u』で全品5%オフ!)
EVERZON

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

↓ポチっとされると喜びます。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Sponsored Link

-RTA, アトマイザー

Copyright© Vape2u , 2018 All Rights Reserved.