×

Vape2u

vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

スターターキット ポッドタイプ 使い捨てタイプ

CANNERGY CG1 CG1P CBD レビュー

投稿日:

CANNERGY (カナジー) CG1 CG1P CBD のレビューです。

提供していただいたのはCANNERGYさん。
ご提供ありがとうございます!

リキッドチャージ不要の使い切りポッドが使用できるCBDデバイス、CANNERGY CG1です。
本体部分は繰り返し使える充電式で、リキッドの入ったポッドが使い捨てなタイプ。
完全使い捨てのディスポーサブルタイプはこちらのCG1Sです。
こちらの中のリキッドは国内生産ISO9001認証工場で生産されているそうです。
それでは早速見ていきましょう!

スペック

CG1

  • パフ可能回数:約320-350回
  • バッテリー容量:400mAh
  • 電圧:3.5V
  • サイズ:高さ:81.0mm x 横:25.5mm x 幅:12.0mm
  • 重量:21g

CG1P

  • フレーバー:マンゴー&グレープフルーツ (CG1P-1) 5% / パイナップル (CG1P-2) 10% / 緑茶メンソール (CG1P-3) 15%
  • リキッド容量:1.0ml
  • 霧化芯材質:セラミックス
  • パフ可能回数:約190-220回
  • 抵抗値:2.7Ω
  • サイズ:高さ:38.7mm x 横:24.5mm x 幅:11.8mm
  • 重量:6.7g

これもCG1Sと一緒でフレーバーごとにCBD含有率が違う。
なんでなんだ…。

内容物

CG1

とりあえず開封していきましょう。

箱です。

裏側には説明やらなんやら。

サイドにはスペックや内容物など。

パカっと開封。

中身はこんな感じ。

説明書は日本語と英語で記載されています。

CANNERGYのロゴが入っています。
中央のLEDはバッテリーが減ると白く点滅します。
充電中にも点灯し、充電が完了すると消灯します。

反対側はこんな感じ。

ボトム側には充電用のUSBポートがあいています。

こちらがポッドとの接続部。

CG1P

こちらがポッドのCG1P。
とりあえず箱です。
フレーバーはマンゴー&グレープフルーツ。

反対側には説明とか色々。

パカっと開封。

中身はこんな感じ。

吸い口のシリコンキャップは使用する際には外します。

外すとこんな感じ。

接続部のエアホールにもシリコンキャップがはまっているので、

外して使用します。

使用する際には本体にスポっと入れるだけ。

こんな感じ。

フレーバーはCG1Sと同じなので説明は割愛。
セラミックウィックだし抵抗値も違うし変化があるかと思ったんですけど、
多少スッキリ感があるかな?というくらいであまり味のイメージは変わりませんでした。

まとめ

味や吸い心地はCG1Sとさほど差がありません。
充電して使用するか使い捨てかの違いくらい。
続けて使用するならCG1の方がランニングコストが減るかな。
とりあえず使ってみるならCG1S買ってみて、味が大丈夫そうならこっちのCG1で続けるってのでもいいかも。
ポッドは使い捨てなわけだし、充電の手間はあるけどしれてるやろし。
気になる人はお試ししてみては。

↓コチラで購入できます
CANNERGY

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

↓応援いただける方はポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Sponsored Link

Facebook Twitter


-スターターキット, ポッドタイプ, 使い捨てタイプ

Copyright© Vape2u , 2020 All Rights Reserved.