Vape2u

vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

クリアロマイザー スターターキット テクニカルMOD MOD アトマイザー

Eleaf iStick NOWOS with ELLO Duro kit スターターキット レビュー

更新日:

Eleaf iStick NOWOS with ELLO Duro kit (イーリーフ アイスティック ノーウォーズ ウィズ エッロ デュロ キット) スターターキット のレビューです。

提供していただいたのはVapeSourcingさんです。
ご提供ありがとうございます!

またEleafが何か新しいMODを出してきたようですね?
LEDデジタルディスプレイとタッチパネル搭載の内臓バッテリーMODのiStick NOWOSと、
メッシュコイル使用のELLO Duroアトマイザーのキットとなっています。
さらにタイプC USBポートが搭載されており、DC5V / 2A、DC9V / 2A、DC12V / 1.5Aの3種類の充電モードでの充電が可能だそうな。
それでは早速見ていきましょう!

スペック

iStick NOWOS BOX MOD

  • Eleaf製
  • バッテリー容量:4,400mAh
  • MODサイズ:43 x 28 x 83.5 mm
  • 510スプリング式コネクタ
  • 出力範囲:1-80W
  • 抵抗値範囲:0.1Ω-3.0Ω
  • 重量:150g
  • LEDデジタル液晶
  • タッチパネル式
  • USB type C 充電ポート

ELLO Duro アトマイザー

  • Eleaf製
  • アトマイザーサイズ:直径:28.0mm x 長さ:54mm(ドリップチップ/ポジティブピン含)
  • 510接続
  • メッシュコイル

なんとこのiStick NOWOS、モード選択は無くてVWモードしかないです。
最近では珍しいですよねー。
個人的にはVWモードしか使わないので何の問題もないんですが、温度管理したい人は使えません。
ELLO Duroは最近結構増えてきたような気がするメッシュコイル使用のクリアロです。
直径デカいな…。

内容物

それでは開封していきましょう。

こちらが箱です。

反対側には内容物が記載されています。

パカっと開封。

中身はこんな感じ。

  • iStick NOWOS BOX MOD 本体
  • ELLO Duro アトマイザー
  • HW-M デュアル 0.2Ω
  • HW-N デュアル 0.25Ω
  • 交換用ガラスチューブ
  • 充電用 QC 3.0 USBケーブル
  • 交換用Oリング
  • マニュアル

マニュアルには日本語の記載もあります。
たまに変ですがちゃんと分かる日本語です。
最近日本語の記載があるメーカーが増えてて嬉しいやね。

予備コイルやOリングやガラスチューブなどなど。

充電用のUSBケーブルです。
これこのままだとmicro USBのケーブルなんですけど、

先っちょを外すとUSB type Cケーブルになるの。
まぁ普通にこういうコネクタ売ってるけど付属してるのは便利ですよね。ありがたい。

iStick NOWOS BOX MOD

まずはMODから見ていきます。
こちらの方がディスプレイになっています。
Eleafって書いてある方。

液晶と反対側にはiStick NOWOSのロゴが入っています。

サイドには電源ボタンとリセットボタン。
電源のON/OFFはこちらのボタンを連続5回押しです。
リセットボタンとはなんぞや?って感じですが、MODがフリーズしたりした時に押すとリセットされるボタン…だそうです。
まぁ何か不具合起こったら押せってことです。爪楊枝とかで。

反対側には充電用のUSBポートがあります。
USB type Cなので間違えないように。
うっかりmicro USBさしたくなっちゃうよね。

充電中はこのようにディプレイにバッテリー残量が表示されます。

接続は510のスプリング式です。
510アダプター周辺は少しだけ出っ張っていて、26mm経のアトマイザーまではみ出さずにセットすることが可能です。
まぁでも…

浮いてるんだけどね?

ボトム側にはベントホールが空いています。

ディスプレイはこのようにかなり見えやすく表示されます。
表示内容はバッテリー残量、抵抗値、W数と超シンプル。

電源ON中に電源ボタンを3回連続押しすると、ディスプレイ下部に白いぽっちが2つ表示されます。
このぽっちの右が+ボタン、左が-ボタンとなっており、ここをタッチすることでW数の変更が可能となっています。
W数を変更後、電源ボタンを2秒以上長押しで決定です。

ELLO Duro アトマイザー

お次にアトマイザーを見ていきます。

まずはバラしてみます。
左からアトマイザーベース、コイル、チューブ、トップキャップ、ドリップチップ。
ガラスチューブって書いてあるんですけどこれプラだよね…。

こちらがドリップチップです。樹脂製の810規格です。

ほんのりテーパーがかかった形状です。

こちらがトップキャップ。

リキッドチャージ部はスライド式で開きます。

こちらが付属コイル。
HW-M デュアル 0.2ΩとHW-N デュアル 0.25Ωです。
初期装着されているのは0.25Ωの方。

なんだこれは…。
メッシュな上にデュアルです。そりゃ抵抗値も下がるってもんですね。

こちらがタンクのチューブ。
太っちょなのと普通のストレートなやつ。
太い方はリキッド容量6.5mlです。6.5mlか!多いな!
あとストレートな方は…ストレートな方は…?容量書いてないね…4.5mlくらいかね…。

ストレートな方を装着するとこんな感じ。
まぁあれですね。普通ですね。

こちらがアトマイザーベース。
中央部にコイルをくるくる回して設置します。

ボトムにはロゴが刻印されています。

エアフローは無段階調整可能です。
こちらが全開。

こちらが全閉です。

リキッドチャージはこちらから。
最近スライド式も増えたなぁ。

まとめ

まずMODが凄く持ち心地がいい。
バッテリー容量が多い分それなりの重量感はあるんですけど、
手になじむフォルムであんまり気にならない。
これは気に入ったぞぅ。
VWしか無いんであんまり操作することもないんですが、ディスプレイも見やすいしボタンも押しやすいし悪くない。

アトマイザーはなぁ…私ELLOシリーズあんまり好きじゃないんですよね。
なので何とも言えない。手持ちのリキッドだと味が飛んでしまって分からん。
特に美味しいとは思わないですかね。なんか…なんだ…マレーシア系フルーツリキッドとかなら合うんだろうなっていう味の出方かなぁ。
ドローはスカスカからかなり重いDLでも使えるかな?くらいまでの調整幅はあります。
漏れたりジュルったりは3日間で無かったのでそこは優秀かと。

私はMOD凄い気に入りました。
バッテリー容量も多いし見た目が好き。
つるんとしてるの良いじゃないこれー。
あとものっすごいシンプル機能なのもわかりやすくて振り切ってて好き。
カラーバリエーションも数種あるんですが、白いのも可愛いなぁ。
買おうかなぁ白…。

↓コチラで購入できます
VapeSourcing
クーポンコード『vape2u』10%オフ!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

↓ポチっとされると喜びます。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Sponsored Link

-クリアロマイザー, スターターキット, テクニカルMOD, MOD, アトマイザー

Copyright© Vape2u , 2018 All Rights Reserved.