Vape2u

vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

ポッドタイプ スターターキット

Voopoo FIND S Trio kit スターターキット レビュー

投稿日:

Voopoo FIND S Trio kit (ブープー ファインド エス トリオ キット) スターターキット のレビューです。

提供していただいたのはVoopooさん。
ご提供ありがとうございます!

Gene Trioチップを搭載し、M-PnPセラミックコイルを使用したこちらのFIND S Trio。
コイル交換タイプのPod型デバイスになります。
Geneチップってことはまたやたらボタンを押してからの反応速度が速いんだろうか。
それでは早速見ていきましょう!

スペック

  • Voopoo製
  • ポッド容量:3.0ml
  • バッテリー容量:1,200mAh
  • 出力:3.7V
  • 出力範囲:6-23W
  • 抵抗値:0.8Ω / 1.2Ω (セラミックコイル)
  • MODサイズ:高さ:92.2mm x 横:35.9mm x 幅:17.0mm
  • 重量:約60g

若干大きめですね?
見た目の大きさの割には軽いけど。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。

裏側には内容物など。

パカっと開封。

中身はこんな感じ。

  • FIND S Trio 本体
  • FIND S Trio ポッド
  • Pnp-R1 0.8Ωコイル
  • Pnp-C1 1.2Ωセラミックコイル
  • 充電用USBケーブル
  • マニュアル

コチラが本体。
やたら派手な色使いやな。
中央にはボタンが1つ。
電源のON/OFFはこちらのボタンを連続5回押し。ボタン周囲のLEDが点滅します。
また使用時にもLEDが光るようになっており、
バッテリー残量によってLEDのカラーが変化します。

  • 緑:60-100%
  • 青:20-60%
  • 赤:0-20%

となっています。

反対側はこんな感じ。

Podとの接続部です。

ボトム側には充電用のUSBポートがあります。

充電中はボタン周囲のLEDが光ります。

こちらがポッド。
PCTG製となっています。

吸い口はこんな感じ。
結構デカい穴ですね。

ボトム側にはコイルを入れる穴と、リキッドチャージ部にシリコンカバーがついています。

シリコンカバーを外すとこんな感じでホールが出てきます。

こちらがコイル。
Pnp-C1 1.2Ωセラミックコイル(推奨W数10-15W)と、Pnp-R1 0.8Ωコイル(推奨W数12-18W)の2種。

コイルはここから押し込んで入れるだけ。

奥までぎゅっと入れましょ。

コイルを入れてからリキッドチャージします。
割と大きめのホールなのでユニコーンボトルの先端も楽々入ります。

まとめ

では吸ってみましょう。ボタンを押しながら吸います。
とりあえず0.8Ωコイルで。
あっ案外ドロー重めですねこれ。
抵抗値から考えてもう少し軽めのドローかと思った。
めちゃくちゃ重いというわけでは無いですけど、完全にMTL向けだなぁって感じ。

味はちゃんと出てる。
めっちゃ美味しいとまではいかないまでも、
Podタイプの中ではかなり優秀な方かと思います。
もうクリアロレベルだなぁ。
ボタンを押してからミストが出てくるまでのラグも全然ない。めっちゃ早いです。

漏れや滲みも特に見当たらず。
ジュルりも今のところ感じません。
ただ若干大きいのよね。
このタイプならもう少しコンパクトなサイズだと良かったな。
バッテリー容量1,200mAhなのを考えると仕方ないか。

↓公式サイトはコチラ
Voopoo公式サイト

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

↓応援いただける方はポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Sponsored Link

Facebook Twitter

-ポッドタイプ, スターターキット

Copyright© Vape2u , 2019 All Rights Reserved.