Vape2u

vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

VAPONAVI

スターターキット

Eleaf iStick pico 21700 with ELLO kit スターターキット レビュー

投稿日:

Eleaf iStick pico 21700 with ELLO kit (イーリーフ アイステイック ピコ 21700 ウィズ エロ) スターターキットのレビューです。

提供していただいたのはベプログショップ
ご提供ありがとうございます!

やっと…やっとEleafが分かってくれたんだね…。
そうそうこれですよこれ。初代iStick picoをね、そのまま大きくしてくれたら良かったの。
変にロゴ入れたりね?やたらカラフルにしたりね?しなくても良いの。これで良いの。これが良いの。
ということで21700バッテリー使用可となり、25mm径アトマイザーも装着可能になったこちらのiStick pico 21700。
まぁほぼiStick picoなわけですけども、早速見ていきましょう!

スペック

  • Eleaf製
  • タンク容量:2.0ml or 4.0ml
  • 使用バッテリー:21700/18650
  • MODサイズ:51.0 x 26.0 x 77.0 mm
  • アトマイザーサイズ:46.0 x 25.0 mm or 54.0 x 25.0 mm
  • 510スレッド
  • 可変ワット数:1-100W
  • 出力電圧:0.5-9V
  • 温度制御:200’F-600’F/100’C-315’C
  • 抵抗範囲:VW:0.1Ω~3.5Ω TC:0.05Ω~1.5Ω
  • トップフィル
  • 温度管理:Ni / Ti / SS / TCR
  • 対応モード:VW / TC / バイパス
  • ファームウエアアップグレード可能

iStick Pico 25をさらに少し大きくしたようなくらいのサイズですね。
セットのアトマイザーはiStick Pico 25のものと同じElloです。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。

パカッと開封。

中身はこんな感じ。

  • iStick pico 21700 Mod 本体
  • Ello アトマイザー
  • HW1-C Single-Cylinder 0.25ohm Head (25-50W)
  • HW2 Dual-Cylinder 0.3ohm Head (30-70W)
  • ワイドボアドリップチップ
  • 交換用ロングガラスチューブ
  • エクステンションパーツ
  • 充電用マイクロUSBケーブル
  • 交換用Oリング
  • 18650用バッテリースリーブ
  • マニュアル

多いな。何か色々と入っています。
とりあえず順番に見ていきましょう。

iStick pico 21700 mod

まずはMODから見ていきます。
istick picoのシンプルなデザインを踏襲し、そのままでっかくしたような雰囲気です。

こちらのシルバーはistick picoのブラッシュドシルバーと同じカラーリングですね。

ボトム側には+ボタン、マイナスボタン。
それとベントホール。

サイドにはファイアボタン、液晶、USBコネクタ。

充電はこちらから。

アトマイザー接続は510のスプリング式。
バッテリーはこちらのキャップを外してトップから入れていきます。

バッテリーはボトム側が+極、トップ側が-極です。

こっちの向きで、

こんな感じ。

18650バッテリーを使用したい場合にはこちらのバッテリースリーブを使用します。

バッテリーのプラス側に装着して、

そのままバッテリー部分に挿入します。

初代のistick picoと並べてみました。
何か親子みたいですねこれ。
バッテリーキャップのデザインが地味に変わっています。

こちらから見ると幅が広くなったのが分かります。
またファイアボタンが大きくなって押しやすく、液晶も広くなり視認性が上がりました。

重ねてみると大きさの違いが分かりやすいですねー。

操作方法

・電源ON/OFF
ファイアボタン連続5回押し

・モード変更
電源ON中に、ファイアボタン連続3回押し
→+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定

・上限W数設定
TCモード中にファイアボタン連続4回押し、
→+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定

・キーロック
電源ON中に、+ボタン、-ボタン同時長押し

・設定モード
電源ON中に、ファイアボタンと+ボタン同時長押し

・TCR設定
M1~M3選択中に設定モードへ、M1~M3へTCR値保存可能
推奨TCR値は
Ni:600~700
Ti:300~400
NiFe:300~400
SS:80~220
→+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定

ファームウエアのアップグレードはこちらの公式サイトからダウンロード可能になる予定です。

こちらがVWモードです。

こちらがバイパスモード。

こちらがTCRモード。M1~M3まで設定可能です。

こちらがTCRモードM2。

TCRモードM3。

TC SSモード。

TC Tiモード。

TC Niモード。

モードの変更は電源ON中にファイアボタン3回連続押しです。
このように各モードが並んでいるので、

+ボタン、-ボタンで選択し、ファイアボタンで決定です。

TCモード中にはファイアボタン4回連続押しで最大W数の変更が可能です。

電源ON中に、ファイアボタンと+ボタン同時長押しで設定モードになります。
+ボタン、-ボタンで選択し、ファイアボタンで決定です。

こちらがバッテリーの電圧確認。

選択するとこのように表示されます。

こちらがバージョン確認。

ハードウェア、ソフトウェアのバージョンが確認できます。

こちらがロゴのON/OFF切替。

+ボタン、-ボタンで選択、ファイアボタンで決定です。
今のところロゴの選択はできません。

こちらがステルスモード。

+ボタン、-ボタンで選択、ファイアボタンで決定です。

こちらがメイン画面に表示する情報の変更です。

好みに合わせてパフ回数、パフ時間、アンペア数と切替ができます。
+ボタン、-ボタンで選択し、ファイアボタンで決定です。

こちらがTC使用時の抵抗値のロックです。

抵抗値のロックとアンロックを選択します。
+ボタン、-ボタンで選択、ファイアボタンで決定です。

こちらはプリヒート機能です。

POWERがプリヒートのW数設定、DURATIONがプリヒート時間、EXITで設定終了です。

このようにPOWERでW数を変更し、

DURATIONでプリヒート時間を変更します。
0にするとOFFになります。

0.1秒単位で時間を変更できます。

こちらがTCR設定。

M1~M3まで3種類設定が可能です。

+ボタン、-ボタンでTCR値の変更、ファイアボタンで決定です。

Ello アトマイザー

次にアトマイザーを見ていきましょう。
エロです。エロ。エロですね。詳細はEleaf iStick Pico 25の記事にて。

既に全く同じもの紹介してるからザクっとね。
くるくるとタンク部回して分解できます。
タンク部の外れ方を見ると、リキッドが中に残っている状態ではコイルの交換ができないことが分かります。

コイル部もクルクル回せば外せます。
初期装着されているのは0.3Ωのコイル。
付属しているもう1つのコイルは0.25Ωになっています。

トップキャップはこのようにスライド式で、
ここからリキッドをチャージします。

まとめ

やっぱりこのデザインですよねー。
初代picoが人気なのは小ささとともにこのシンプルなデザインだから、というのも大きいと思うんですよ。
それなのにやたら変なデザインにするんだから…全くもう…なんでもう…。
それがこれですよ。これ。そうそう。分かってるやんEleaf(やたら上から目線)。

22.5mm径以上のアトマイザーが乗せられない、というpicoの最大のデメリットを克服し、
かつシンプルでコンパクトなデザインはそのままにしたのが素晴らしいですよね。
さらに21700バッテリーを使用できて、18650も一応使えるってのが嬉しい。
21700バッテリーは予備持ってない人も多そうだし18650使えるのはありがたい。

Elloアトマイザーはまぁ…私の好みではないから何とも言えないんですけど、
とりあえずセットでBOX MOD買ってみたい人には悪くはないんじゃないでしょうか。
私だったらMOD単体と他アトマおすすめするだろうけど。直接教えられる人ならだけど。
周囲にvaperいない人の方が多いだろうしね。

ベプログショップで購入すれば21700バッテリーも付属しているので届いたらすぐ使用できます。
気になっていた方、このデザインこそpico!25mmアトマのせたいんだ!!って思ってた方はぜひ。

↓購入はコチラから
ベプログショップ

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

↓ポチっとされると喜びます。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Sponsored Link

-スターターキット

Copyright© Vape2u , 2018 All Rights Reserved.