Vape2u

vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

ボックスタイプ クリアロマイザー テクニカルMOD スターターキット MOD アトマイザー

Eleaf iStick Pico X with Melo 4 D22 kit スターターキット レビュー

更新日:

Eleaf iStick Pico X with Melo 4 D22 kit (イーリーフ アイスティック ピコエックス ウィズ メロ4 D22 キット) スターターキット のレビューです。

提供していただいたのはVapeSourcingさんです。
ご提供ありがとうございます!

初代Picoのサイズ感はそのままに、新しく抵抗値を読み取り最適なW数を設定する機能が追加され、
ラバー製で人間工学に基づいたデザインは、握った時のフィット感をアップさせています。
なんか変な形になったな。人間工学に基づかなくていいよね別に。
そしてこれELLOじゃなくてMELOなのね。結構前のやつじゃなかったっけ。
まぁいいや。それでは早速見ていきましょう!

スペック

Eleaf Pico X BOX MOD

  • Eleaf製
  • 使用バッテリー:18650
  • MODサイズ:73 x 50 x 31 mm
  • 510スプリング式コネクタ
  • 可変ワット数:1-75W
  • 温度制御:200’F-600’F/100’C-315’C
  • 抵抗範囲:VW/Bypass:0.1-3.0Ω / TC:0.05-1.0Ω
  • 温度管理:Ni / Ti / SS / TCR
  • 対応モード:VW / Bypass / TC / TCR
  • 重量:65g

Melo 4 D22 アトマイザー

  • Eleaf製
  • アトマイザーサイズ:直径:22.0mm x 長さ:52.5.0mm(ドリップチップ、ポジティブピン含)
  • 510接続
  • ガラスタンク
  • リキッド容量:2.0ml

MODめっちゃ軽いね!中身入ってる?ってくらい軽い。
んで多少大きくなって機能性はほぼ初代Picoと変わらない。
これ…初代Picoでいいのでは??

内容物

それでは開封していきましょう。

こちらが箱です。

反対側にはスペックやらが記載されています。

パカっと開封。

中身はこんな感じ。

  • iStick Pico X BOX MOD 本体
  • Melo 4 D22 アトマイザー
  • 予備コイル 0.15Ω
  • 充電用USBケーブル
  • 交換用Oリング
  • マニュアル

iStick Pico X BOX MOD

まずはMODから見ていきます。
やたらキャップの部分が背が高くなったような?

なんだろうね。ピンと来ない形ですね。

サイドには電源ボタンと液晶画面、充電用のUSBポートがあります。
電源のON/OFFはこちらの電源ボタンを連続5回押しです。

充電はこちらから。

接続は510のスプリング式です。

ボトム側には+ボタンと-ボタン、ベントホールが空いています。

バッテリー挿入はトップのバッテリーカバーを外して行います。

バッテリーのポジティブがボトム側になるように入れます。

使い方

  • 電源ON/OFF
    電源ボタン5回連続押し
  • モード変更
    電源ON中に、ファイアボタン連続3回押し
    →+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定
  • 上限W数設定
    TCモード中にファイアボタン連続4回押し、
    →+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定
  • キーロック
    電源ON中に、+ボタン、-ボタン同時長押し
  • 設定モード
    電源ON中に、ファイアボタンと+ボタン同時長押し
  • TCR設定
    M1~M3選択中に設定モードへ、M1~M3へTCR値保存可能
    推奨TCR値は
    Ni:600~700
    Ti:300~400
    NiFe:300~400
    SS:80~220
    →+ボタン、-ボタンで変更、ファイアボタンで決定

ファームウエアのアップグレードはこちらの公式サイトからダウンロード可能です。

こちらがVWモードです。

モード変更をするとこんな画面に。
ここから+ボタンと-ボタンで変更し、選択します。

こちらがバイパスモード。

こちらがTCRモード。M1~M3まで設定可能です。

TC SSモード。

TC Tiモード。

TC Niモード。

電源ON中に、ファイアボタンと+ボタン同時長押しで設定モードになります。
+ボタン、-ボタンで選択し、ファイアボタンで決定です。

また画像では説明しづらいんですけど、
アトマイザーを装着して抵抗値を読ませると、最適なW数へと設定を勝手にしてくれます。
W数どれくらいにしたらいいか分からない初心者には良い機能ですが、ある程度慣れた方だと逆に面倒かも。

Melo 4 D22 アトマイザー

お次にアトマイザーを見ていきます。

まずはバラしてみます。
左からデッキ、コイル、チューブ、トップキャップ、ドリップチップ。

こちらがドリップチップです。
樹脂製の510規格です。

上に向かって広がっている形状。

こちらがトップキャップ。

▲の方向にスライドさせることで、

リキッドチャージのホールが出てくるタイプです。

こちらが付属コイル。
0.15Ωで、推奨W数は30W-75Wです。

コイルはメッシュ状になっています。
メッシュ状で合ってるのかな。
ステンレス板にパンチで穴開けたみたいな感じですね。

こちらがデッキ。
中央部にコイルを回し入れます。
エアフローは対角線上に横長のものが1つずつ空いていて、無段階調整が可能です。

エアホール全閉はこちら。

エアホール全開はこちら。

ボトム側にはロゴが入ってます。

リキッドチャージはこちらから。
ユニコーンボトルの先がちょうど入るくらいの大きさです。

まとめ

とりあえずアトマイザーから。まずは吸ってみます。
まぁ…普通だね。普通。普通に爆煙系クリアロだなぁって味。
普通だから悪いというわけでもないけどめっちゃ良いわけでもないです。
ただ持ち歩いててても漏れたりはしなかったし、ジュルりも少ないのは良かった。

そしてMODなんですけれども。
これ…これなー。別に何が悪いわけではないんですよ。
いやあえて言うならデザインが好みじゃないけどそれは好き好きだから。
それよりもさ。
初代Picoで良くない…?感が凄い。

サイズもさほど変わらないし機能もさほど変わらないし、
まぁ軽くなったのは良い事なんだけどそれだけじゃない?っていう。
Picoはあのシンプルデザインとコンパクトさが売れた理由だと思うんですけど、
これその良さを半分無くしてるじゃない。なんで???

ということでPicoシリーズを既に持ってる人なら買う理由が特に見当たらないですね。
もちろんデザインに惹かれればアリだとは思いますよ。

↓コチラで購入できます
VapeSourcing

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

↓応援いただける方はポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Sponsored Link

Facebook Twitter

-ボックスタイプ, クリアロマイザー, テクニカルMOD, スターターキット, MOD, アトマイザー

Copyright© Vape2u , 2019 All Rights Reserved.