vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

【注意喚起】ニコチン入りリキッドについて

 

最近の喫煙具事情

最近iQOSやploom techの発売により、喫煙者がまた別の喫煙具へと興味を移して行き、
その辺りを調べる中でVAPE(電子タバコ)にも興味を持つ機会が増えていると思います。

私のブログは一応VAPEブログとしてはいますが、
実はiQOSやploom techの記事から来られている方が1/4~1/3を占めております。
それだけiQOSやploom tech等の新しいタバコとともに、VAPEの情報も広がっているのだと思います。

私個人としてはVAPEというものの存在が知れ渡っていくのは嬉しいし、
もっと認知されれば喫煙所で変な目で見られたりしなくてもいいのになぁ…と思ったりもします。
ただ、存在が知られていくだけで、正しい情報が伝わっていないところも多くある、と思います。

広がる事で問題も

その中でも問題なのが「ニコチン入りリキッド」の取り扱い。
知っている方は知っていると思います。が、何が問題なのかが分かっていない人も多数いるのではないでしょうか。

まず知っておいてほしいのは、ニコチン入りリキッドの日本国内での譲渡・販売は違法だという事。
ここ重要ですからね?もう一度言いますよ?
ニコチン入りリキッドの日本国内での譲渡・販売は違法です。
知っている人は当たり前に知っていますが、教えられなきゃ分からないですよね。
だってタバコはニコチン入ってるのに国内で売ってますもんね。

毒物及び劇物取締法

(禁止規定)
第三条  第2項  毒物又は劇物の輸入業の登録を受けた者でなければ、毒物又は劇物を販売又は授与の目的で輸入してはならない。
第三条の二 第2項  毒物若しくは劇物の輸入業者又は特定毒物研究者でなければ、特定毒物を輸入してはならない。
(ニコチンは特定毒物ではなく別に定められた毒物なのでこれには該当いたしません)

毒物及び劇物取締法より抜粋&追記

ニコチンの入っているタバコ葉については、国内での販売・譲渡について法律で禁止されておりません。
未成年に販売することや喫煙することは法律で禁止されていますが。

ただニコチン溶液、となると話は別になります。
ニコチン溶液は、「薬品」の分類となります。
タバコ、ではなく薬品です。しかも劇薬。毒物です。
そのため国内での販売・譲渡は法律で禁止されています。

でも国内で使ってる人いるじゃん?と思いますよね。
ここが難しいところで、「使用」や「所持」は禁止されていないのですよ。
なのでニコチン入りリキッドの販売が禁止されていない海外からなら個人輸入で購入することができるんですね。
個人輸入なら購入した本人の自己責任なので、おっけーおっけー!とはいかないまでも違法ではないんです。

個人輸入する場合

ただ海外で購入したならニコチン入りリキッドは何でもどれだけ買ってもいいのかというと、そうでもありません。
個人輸入で購入してもいいニコチン入りリキッドの量は、1ヶ月の使用量に限ります。
どれだけの量が1ヶ月の量なのか、というのは決まっていません。
はい、決まっていないんですよ。どこにも「○○ml」まで、何て記載はありません。
基準は税関で調べる人次第です。気分です。
一応120mlまでが基準、とされてはいますが、運が悪ければ50mlの購入でもダメ!となる可能性もあります。
そういう部分も含めて、購入は自己責任なんです。

医薬品等輸入報告書(薬監証明)の発給を要せず個人輸入可能な医薬品等の数量について

毒薬、劇薬又は処方せん薬: 用法用量からみて1ヶ月分以内

厚生労働省ホームページより抜粋

また個人輸入する場合、ニコチンの濃度にも気をつけなくてはいけません。
ニコベースと呼ばれる高濃度のニコチン入りリキッドがあります。
これは手持ちのノンニコチンリキッドに添加し、好みのニコチン濃度のリキッドを作成するのに使われます。
とても便利ですよね。そう、便利なんですがこちらにも注意しなければならない部分があります。

極めて高いニコチン濃度のニコチン溶液(ニコチン濃度50mg/mlを超えるもの)も普通に販売しておりますが、
あまりにも高い濃度のニコチン溶液は絶対購入しないでください
100mg/mlとかね、それ以上もあったりしますけど。
買っちゃダメです。絶対買っちゃいけません。

何が問題って、ニコチンって毒物なんです。
購入したとして、意図せず触ったりしてしまったら大変なんです。
ニコチンは経皮吸収するんです。うっかりでニコチン中毒が起きてしまうんです。
万が一輸送中の事故でリキッドが漏れ出していたら…?
開封時にこぼしてしまったら…?恐ろしいですよね。
そしてあまりにも高い濃度のものは毒物及び劇物取締法違反になる可能性だってあります。

海外での購入だと、送料等の関係でまとめて購入したりしたいところではあるんですが、
そこはもうニコ入りリキッドを使うものの責任として我慢しましょう。

また管理にも注意しなければいけません。
子供や詳しく知らない人が簡単に触ってしまわないように保管するようにしましょう。
万が一誤って飲んでしまったりしたら大変です。
そして紛失にも気をつけなくてはいけません。
万が一無くしてしまったら…子供が拾ってしまったら…誤飲してしまったら…。
本当に危ないです。

ニコチン入りリキッドっているの?

ここまでニコチン入りリキッドについて書いてきましたが、
別にニコチン無くてもノンニコチンでも美味しいですよ、VAPE。
無くて問題ないなら摂取しないに越したことはありません。だって毒物ですし。

でもタバコ喫煙者からすると欲しくなっちゃうんですよね。分かります。私も喫煙者です。
iQOSとploom techで紙巻のタバコからは卒業はしましたが、ニコチン摂取組です。
リキッドはほぼノンニコチンですが、ニコベースを添加しているものもありますし、ニコ入りリキッドを買っている事もあります。でも吸わなくて我慢できるならわざわざ吸わなくていいです。
無理に吸うものではありません。

ニコチン入りの方が美味しいの?と聞かれることもありますが、別にそんな事はないです。
むしろニコチンを入れる事で風味を損なうリキッドだってあります。
私は元喫煙者(現在も喫煙者か)のニコチン中毒なだけです。吸わなくていいなら吸ってないです。そんなもんです。

この辺りは本当に自己責任なんです。
VAPEを手にしている、興味を持っているならあなたは大人で成人済のはず。
どうすればいいのか、何が問題で何が悪いのか、判断できるはずです。

 

↓ポチっとされると喜びます。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link

hiliq.com



 - 初心者向け