vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

Eleaf Pico Squeeze スターターキット レビュー

 

Eleaf Pico Squeeze(イーリーフ ピコ スクイーズ)スターターキットのレビューです。

提供していただいたのはcacuqecig
いつもご提供ありがとうございます!

ずーっと気になりつつ、普段タンク派の私にはうーん…と思っていたこちらの通称ピコンカー。
ピコのスコンカーでピコンカーです。

BF(ボトムフィーダー)ってなんぞ?って方のために簡単に説明しますと、
その名前の通り、リキッドをボトムのボトルから供給する方式の事です。
MODの中にリキッドボトルが入れられて、いつでもアトマイザーへリキッドを供給することができるんですね。
リキッド切れの心配がなくダラダラと消費が増えちゃうという堕落方式なのです。
RDA派としてはすぐにリキッドが切れるのが気になるところでしょうが、こちらならプニっとボトルを押すだけで簡単チャージ可能。
とりあえず詳細を見ていきましょう!

スペック

  • Eleaf製
  • リキッドボトル容量:6.5ml
  • BF(ボトムフィーダー)
  • 使用バッテリー:18650
  • アトマイザーサイズ:直径:22mm x 長さ:27.5mm
  • BF方式510スレッド
  • MODサイズ:高さ:75mm x 横:46mm x 幅:23mm
  • MOD重量:76g
  • 最大出力ワット数:50W
  • 抵抗範囲:0.15Ω~3.5Ω

まず小さい!そして軽い!
リキッド容量も6.5mlと通常使うには十分な量のリキッドが入ります。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

箱です。

パカッと開封。

中身はこんな感じ。
結構色々入ってますね。

  • Pico Squeeze 50W 本体
  • Coralアトマイザー
  • ドライバー
  • コットン
  • クラプトンコイル
  • 交換用リキッドボトル
  • 充電用マイクロUSBケーブル
  • マニュアル

初心者でも最初に迷わない親切仕様。
クラプトンコイルが付いているのでビルド苦手な人でもとりあえず始められます。

Pico Squeeze 50W

まずはMODから見ていきましょう。

MODです。ボタンはファイアボタンのみのシンプル設計。
液晶はありません。
こちら側にマイクロUSBの充電ポートがあります。
それにしてもまぁ小さい。

アトマイザー接続は510、中央に穴が開いています。
リキッドはボトムのボトルからここを通ってアトマイザーへ供給されます。
そしてバッテリーカバーもこちら。

バッテリー挿入部はスレッド式の蓋になっており、こちらからバッテリーを入れます。
蓋側にマイナスが書いてあるのでその通りに装着します。

こういう感じ。

ボトムにはリキッドボトル挿入口が。

リキッドボトル挿入口のカバーは磁石で止まっています。
ポロッと剥がせば取れます。

ボトルの着脱はポンッと引っこ抜くだけ。
あら簡単。

このボトルの底に届く金属部分の下の方に穴が空いていて、
こちらからリキッドが供給される仕組みになっています。

ボトルの蓋は本体に装着されています。
結構しっかりしたシリコン製っぽい素材。

操作方法

電源オン&オフ

ファイアボタン5回押しです。単純明快。簡単です。

リキッドの供給は横からリキッドボトルをえいや!と押すだけ。
そうするとトップの穴からリキッドがアトマイザーに出てきます。ぴゅぴゅっと。
RDAなのにチャージがお手軽にできちゃうんですねー。ほんと楽。

Coral RDA

次にアトマイザーを見ていきましょう。

アトマイザーです。でかい。

バラしてみました。
左からデッキ、チューブ、ワイドボア一体型トップキャップです。
超シンプルな3パーツ構造です。

こちらがトップキャップ。

エアフローの調整とドリップチップが一体になっている形です。
そのため510ドリップチップは使用不可。使わせてよぅ。

こちらがチューブ。チューブ?スリーブ?まぁ伝わればそれでいい。
対角線上に2つエアホールが空いています。

こちらがデッキになります。
2ポール2ホールの私の超苦手な形状のデッキです。本当に苦手です。
だってキレイにビルドできないんだもの。慣れると言われて1年半経っても慣れないよ。

周囲に空いている穴がリキッドが供給されてくる穴ですね。
ボトルを押すとここからリキッドがじゅわーっと出てきます。

ビルドしてみる

ではしょうがないのでビルドしましょう。
付属のコイルはちょっと…好みじゃないので普通にカンタルで。

28Gカンタル、8rapでデュアルです。

抵抗値は1.02Ω。大体狙い通り(本当は0.8Ω狙いだった気がする)。
ちなみにこちらはショートしていないか、Ωの確認のため他テクニカルMODにのせてあります。

コットンをモフリと通して…

気持ちエアフローより高め?くらいにコイル位置を置いてみました。
果たして…!!

………味でねーわ。うん。全く味でねーわ。
10段階で言えば2くらいだわ。多分ビルドのせい。

ということでシングルで高め位置にリビルド。

ちょっとコイルの足の置き方おかしくない?とお思いでしょう。ええ。
何でこうなったのか私にも分かりません。きっと眠かったんでしょう。
吸えればええんや。吸えれば。

コットンをモフります。いざ…!!
あっちゃんと味出た。良かった。
10段階で言えば5くらいは出た。つまり微妙っちゃ微妙。

これなービルドのせいっぽいのですよな。
このタイプのアトマ苦手なお陰で正解ビルドがよく分からん。
とりあえず普通に味分かる程度には吸えています。

で、まぁ他アトマ付けてみたくなるじゃないですか。
結構いい感じなHadaly RDA。
高さがしっくり来ます。MODとのバランス的に。

付属のアトマがまぁ…悪くは無いですけど余裕があれば他のに変えたいかなとは思います。
きっと爆煙派なら問題ないはず。ってかそっち系アトマだとは思うし。
私個人の使い方で言うと合わなかったな、って感じなんです。

でも全体で見れば軽いし使いやすいし、割と適当に置いておいてもリキッド漏れたりしてないし、
何より安いしめっちゃいいBFキットだと思います。
初めてのBFに如何でしょ?

↓コチラで購入できます
cacuqecig

 

↓気が向いたらポチっとな。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

 - スターターキット