Vape2u

vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

加熱式たばこ/ヴェポライザー/シーシャ

Ploom TECH + (プルームテックプラス) を買ってみた

更新日:

もう基本的にはVAPEしか吸わなくなって1年以上経つ私ではあるのですが、
やっぱり新しいデバイスは気になっちゃうよね!ってことで購入しましたPloom TECH +。

Ploom TECH +とはPloom TECHの進化版。
VAPEメーカー、ロジック社のロジックプロというデバイスがベースとなっているそうです。
現在(2019/02/04現在)公式サイトやPloom Shop、一部地域でのみで販売されています。
まぁ買えないんだけどね。全然。そのうち買えるようになるって。

つい先日JTの方とお話させていただく機会がありまして、
そこでPloom TECH +とPloom Sのサンプルを触らせてもらったりしたんですよ。
ゆっくり買えるようになったら買うかーってな感じで考えてたんですけど、その場にあったもんでそのまま入手しちゃったわけですな。
実際見るとより欲しくなるよね。仕方ない。
それぞれ試させてもらいながら伺った内容も含めて書いていっちゃいます。

Ploom TECHよりも加熱温度が少し高くなり、30℃から40℃になりました。
そのため吸いごたえがアップしているそうですよ。
色々と変わったPloom TECH +なんですがとりあえず見ていきましょ。

2019/02/07追記

2019/04から宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県の6都道府県にてコンビニやたばこ販売店での取り扱いが始まるようです。
また2019/07には6都道府県から全国でも発売されるそうです。

スターターキット

パッケージはこんな感じ。
なんだかおしゃん。おしゃんてぃ。

裏側には内容物とか書いてあります。

外側のビニールと包装紙…包装紙?を外します。

パかッと開封。スタンドスタイル。

中身はこんな感じ。

  • Ploom TECH + バッテリー
  • カートリッジカバー
  • カプセルホルダー
  • 充電用USBケーブル
  • ACアダプター
  • マニュアル
  • 保証書

こちらが保証書。
製品登録用のシリアルナンバーも書いてあるのでちゃんと保管しときましょ。

マニュアルです。
もうめっちゃ丁寧に書いてあるんで別に説明ここで書かなくてええんちゃうんかレベル。
ていうか公式サイトにもめっちゃ丁寧に書いてあるし。
まぁいいか。書くか。
あっサイトは登録しないと見られないのでまだの人は、
JTスモーカーズIDを登録しておきましょ。

とりあえずこちらが本体。
バッテリーとカートリッジカバー、カプセルホルダーです。

バッテリー

まずはバッテリー。
Ploom TECH +のロゴとボタンが1つついています。

反対側には充電用のUSBポートがあります。

付属の充電用ケーブルとACアダプターで充電を行います。

充電中にはボタン周囲のLEDが光ります。
充電時のLEDの色でバッテリー残量などを確認できます。

  • バッテリー残量1-20%:紫の点滅
  • バッテリー残量21-99%:青の点滅
  • バッテリー残量100%:青の点灯

充電が完了し、青くLEDが点灯したあと5分が経過すると、LEDは消灯します。
とりあえず消灯するまで充電しといたら問題ないってことですな。
ちなみに充電しながらの使用はできないので注意です。

こちらが接続部。色々接続部。
4方向にある出っ張りとカートリッジカバーの凹みを合わせて装着しますがそれはまたあとで。

カートリッジカバー&カプセルホルダー

お次にこちらのカートリッジカバーとカプセルホルダーを見ていきます。
カートリッジカバーにある大きな窓はリキッド残量確認用、小さな丸い穴はエアホール…じゃねーや、吸気口です。

下側にある凹みがバッテリーとの接続部です。

カプセルホルダーにはシリコンカバーがついています。
使用中にも埃除けができるようになっていますね。

まぁ外します。
ここが吸い込み口(カプセルホルダー)となります。

カプセルホルダーをくるくるっと回して外すとこのようにカートリッジカバーと着脱可能です。

カプセルホルダーの裏側です。
シリコン製のカバー的なアレがついてます。アレ。

バッテリーと組み立てます。

きゅっと入れて、

くるっと回します。
カチッとした感触があるのですぐ分かるかと。

たばこカプセル

お次にこれがなきゃ始まらないたばこカプセルも見ていきます。
現在たばこカプセルは4種類。

  • メビウス・マイルド・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス (レギュラータイプ)
  • メビウス・ロースト・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス (レギュラータイプ)
  • メビウス・コールドミント・フォー・プルーム・テック・プラス (メンソールタイプ)
  • メビウス・クリアミント・フォー・プルーム・テック・プラス (メンソールタイプ)

となっています。

開封するとリキッドの入ったカートリッジが1つと、たばこカプセルが5つ入っています。
たばこカプセル1つで50パフ使用可能となっています。
カートリッジは50パフ5つ分で250パフ分ということ。

こちらがカートリッジ。
Ploom TECHとは違いPloom TECH +ではカートリッジ内のリキッドにフレーバーが付きました。
VAPEに近付いた感ありますねー。元々ほぼVAPEだけど。
本体の出力増加に合わせて内部のリキッドも若干増えました。
上下にシリコンカバーがついているので、

外します。

こちらが上部の吸入部分。
ここからミスト…いやたばこベイパーとやらが出るようになっています。

こちらが接続部。
こっちがバッテリー側になるように挿入します。

これがたばこカプセル。
Ploom TECHのたばこカプセルと形状や大きさは全く同じですね。
しかしそれぞれのカプセル内のたばこ葉の量は異なっています。

こっちが吸い込み口。
Ploom TECHと変わってスポンジ部分が白から茶色になりましたね。
吸ってると色茶色になってきて見栄え悪かったからかな。
最初から茶色だと気にならないって感じか。

反対側がミスト…じゃなくてたばこベイパーが入ってくる方。
あみあみの目の部分から中に入ったたばこ葉にたばこベイパーが入っていく仕組み。

使ってみる

では使ってみましょ。

まずはカートリッジカバーからカプセルホルダーを外して、
カートリッジを方向を間違えないように入れます。

そしてカプセルホルダーを装着します。

そしてカプセルホルダーにたばこカプセルを

入れます。

そして電源ONして吸います。
操作方法ですが、

  • 電源ON
    ボタンを2秒間に3回連続押し
  • 電源OFF
    ボタンを3秒以上長押し

となります。
吸うときには特にボタンを押す必要はなく、吸うだけでOKです。
LEDは他にも、

  • 電源ON時
    紫(バッテリー残量1-20%時)、または青(バッテリー残量21-100%時)に1秒間点灯
    赤く点灯した場合にはバッテリー残量無し
  • 吸い込み時
    紫(バッテリー残量1-20%時)、または青(バッテリー残量21-100%時)に1秒間点灯
    赤く点灯した場合にはバッテリー残量無し
  • 電源OFF時
    紫(バッテリー残量1-20%時)、または青(バッテリー残量21-100%時)に3回点滅
    赤く3回点滅した場合にはバッテリー残量無し
  • たばこカプセル交換時期(約50パフごとに)
    紫(バッテリー残量1-20%時)、または青(バッテリー残量21-100%時)に40回点滅

たばこカプセルの交換時期になるとLEDが40回点滅するんですが、
その場合にはそのお知らせ機能を解除しないと次のパフができません。
点滅中にボタンを3秒以上長押しするとお知らせ機能を解除することができます。
点滅中に押さないと解除できないので、40回の点滅が終わってしまったらまたパフすると点滅が始まります。

たばこカプセル

お次にたばこカプセル。

味見していきまっしょい。

メビウス・ロースト・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス

香ばしいたばこの味わいに調和する、奥深いコクのアクセント。
ということでレギュラータイプのローストブレンドです。
ほうじ茶をイメージした味わいになっているそうな。

実際に吸ってみるとほうじ茶と言われればほうじ茶っぽい。
でも若干コーヒーのような風味も感じる。コーヒーとほうじ茶の中間って感じ。
香ばしくて良い香りです。ほのかな甘みもある。
吸いごたえも結構ある。
紙巻きたばこに比べればそりゃ少ないかもしれないですけど、VAPEやってる人ならとっつきやすい味。

メビウス・マイルド・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス

マイルドなたばこの味わいに溶け込む、爽やかなうまみのアクセント。
ということでレギュラータイプのマイルドブレンドです。
緑茶をイメージした味わいになっているそうな。

実際に吸ってみるとほう!緑茶っぽいじゃん!
ほろ苦くほのかに甘い茶葉ちっくな香りがする。これ美味いなぁ。
こちらも吸いごたえある。
臭みのないお茶感とマイルドなたばこ感が吸いやすい。

メビウス・コールドミント・フォー・プルーム・テック・プラス

ジャパンミントの氷冷感に、キレのある刺激のアクセント。
ということでメンソールタイプのコールドミントです。
普通にメンソールな味です。

実際に吸ってみるとこりゃ凄いメンソール感だわ。
はっきりすっきりメンソール。分かりやすくメンソール。
清涼感で吸いごたえもばっちり。
鼻にスンスン来るスースー感です。メンソール好きにはこれだな。
クセも少ないし分かりやすい味。

メビウス・クリアミント・フォー・プルーム・テック・プラス

ペパーミントの爽快感に、ほのかな甘みのアクセント。
ということでメンソールタイプのクリアミントです。
ペパーミント味ですね。

実際に吸ってみると確かにほんのり甘いミント味。
ほのかなハーブ感ですっきりとしてる。
コールドミントよりも清涼感はマイルド。
メンソールよりもミントの味が好きな人はこっちだなぁ。
私はこれは一番好き。

総評

どれもPloom TECHのたばこカプセルよりしっかりと味が出てる感じはしました。
温度が上がったことと、リキッドにフレーバーが入ったことで味わいが増したんでしょうね。
どれも普通に美味しくできてる。
コールドミントとクリアミントはまぁ思った通りと言えば思った通りの味ではあるんですが、やはりすっきりと吸いやすくて良いですね。
元々メンソールたばこ吸ってた身としてはとっつきやすい。

レギュラータイプのローストブレンドとマイルドブレンドも、
元々レギュラーたばこ吸ってなかったんで吸いにくいかなと思ってたんですよ。
でもこれがまたこれ、めっちゃ吸いやすかった。
お茶に寄せたってのが良いね。良い香りなんよこれ。
メンソール派だけどこれは美味しく吸えるわ。

まとめ

と、その前に使ってて思った点などをJTの方とお話したり雑談したりしたことをさらっとご紹介。

私:これカートリッジだけで出さないんですか?Ploom TECHのときはたばこカプセル余る問題ありましたけど。
JT担当者様(以後J):たばこカプセルはカートリッジがなくなるときのバランスで味の調整をしているから、それ以上の使用に関して味の保証がないんですよね。そういう声は聞いていたので、Ploom TECH +では交換時期を明確にすることでたばこカプセルが余るという問題を解決したんです。
私:いやでもこれカートリッジだけで吸いたい人もいると思うんですよね。たばこカプセル抜きで。VAPEとして使用したいだけというか。JTが作ったVAPEってだけで売れそう。
J:そういう声があるのは把握してるんですが、今のところ予定はないですね…。
私:残念ですねぇ…。リキッドにフレーバー付くならPloom TECH +ではそういうのやっても良さげなのに。…まぁ売りたいのはたばこですもんね普通に考えて。
J:まぁ…そうですね(笑)

私:やっぱり若干のリキッド漏れありますねぇ。
J:構造上はどうしても蒸気が液体に戻ったりすることで、内部が濡れてしまうことはありますね。
私:どうしようもない部分ですよね。難しい。
J:そうなんですよね…。
私:VAPEでも漏れないものって無いですし、構造はVAPEと同じみたいなもんですもんね。

私:今回カートリッジ内のリキッドにフレーバーがついたんですね。
J:やはり吸いごたえという部分と、味の良さ、吸いやすさを追求した結果このような形になりました。
私:確かに凄い吸いやすくなりました。メンソール派ですけどレギュラータイプも美味しく吸えます。良い香りだし。
J:普段レギュラータイプの紙巻たばこ吸っている方でもPloom TECHだとメンソール派って方多いんですけどね。
私:そうなんですか?でもPloom TECH +だとレギュラータイプも紙巻とはまた違う風味で好きな人増えそうですね。
J:(嬉しそう)
私:(自社製品愛やな…)

私:Ploom TECHと比べると操作が若干必要になったので、年配で使用されている方などは混乱するかもしれないですね。
J:既にPloom TECHの時から操作に関するお問い合わせはあったので、今回のPloom TECH +では更に増えそうですね…。
私:えっPloom TECHでもあったんですか!?ほぼ操作ないみたいなもんなのに。
J:色々とねー(遠い目)
私:(中の人も大変やな)

私:サードパーティー製の製品が沢山出ていますが、Ploom TECH +もまた増えそうですね。やっぱ困ってます?
J:Ploom TECHのバッテリーなどの互換品が多数流通していますが、互換品の中には、一定の品質基準を満たした保護装置を備えていないものも存在しております。そのような互換品を使用した場合には、事故や故障につながるおそれがあります。安全にPloom TECHをご使用いただくために、JTが販売しているPloom TECHをご使用いただきたいですね。
私:…サードパーティー製品のレビュー…してますね…私も…。
J:沢山ありますしね(笑)安いですし…ね…。
私:(なんかごめんなさい)

私:そう言えば普段からPloom TECH吸われてるんですね?(お互い吸いながらお話してました)
J:JTは喫煙環境は充実してますしね。Ploom TECH好きなんですよ。普段から吸ってます。
私:日本一喫煙環境は良さそうな会社ですよね!
J:そうなんですよ。1日2箱たばこカプセル無くなります。
私:1日…2箱…?(多いな)
J:2箱です。美味しいですよね☆彡
私:(自社製品愛しゅごい…)

ということでまとめていきまっしょい。

良かった点

  • 味が総合的に良くなってる
  • 分かりづらかったLEDの点灯点滅が見やすい位置で分かりやすい光り方になった
  • お知らせ機能により交換時期がはっきりと分かりやすくなった
  • 交換時期がはっきりわかるようになったのでたばこカプセル余っちゃうやんけ問題も無くなった

微妙な点

  • デバイスが大きくなったことで咥えたばこ的に使えなくなった
  • カートリッジが各種専用のフレーバー入りになったので味の変更がたばこカプセルだけでなくなってちょい面倒
  • Ploom TECHのたばこカプセルは使えるがカートリッジが専用設計なため実際には使えないも同然(味が変になる/銘柄毎に特徴を持ったたばこカプセルの喫味開発およびリキッド開発を実施していることから、専用のカプセルで使うのが良き)
  • やっぱり若干のリキッドの滲みはある
  • たばこカプセルちょっと高くなった(1箱500円)

トータルではかなり良くなった、と思います。
軽さや大きさの面ではお手軽さは無くなってしまいましたけど、
それを上回る味の良さだと思いました。いやマジで。
この味で満足したらもうこれだけでいいんちゃうのくらい。

吸っているときの周囲の臭いもあまり気になりません。
吸っているときに確認してもらったんですけど、やはりかなり抑えられているようです。
その点はやっぱり強いよねこれ。

今年中くらいにはコンビニとかで全国発売もされるだろうし、価格も安いとは言わない(4,980円)けど高いとも言えないし、
こっちのが流行るんじゃない?もっとフレーバーの種類増えたらいいなこれ。白も欲しいな。

↓コチラで購入できます
Ploom ONLINE SHOP
↑登録に時間と手間が多少かかります(年齢確認等が必要なため)
ネットで購入を検討される場合は早めの登録を推奨します。

JT公式Ploomショップ楽天市場店

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

↓応援いただける方はポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

Sponsored Link

Facebook Twitter

-加熱式たばこ/ヴェポライザー/シーシャ

Copyright© Vape2u , 2019 All Rights Reserved.