vape初心者のリキッド、MOD、アトマイザー等の情報を紹介する電子タバコブログ

CoilART Azeroth RDTA レビュー

 

CoilART Azeroth RDTA(コイルアート アズロス RDTA)のレビューです。

提供していただいたのはCoilART
メーカーさんありがとうございます!

coilart-azeroth-rdta_03

スペック

  • CoilART製
  • アトマイザー容量:4.0ml
  • ガラスタンク
  • アトマイザーサイズ:直径:24mm x 長さ:54mm
  • ブリッジクランプ
  • 510接続

まぁ事前に情報を見てないのが悪かったんですよ。
直径24mmですってよ。その幅のMOD持ってないんですよねっていう。
まぁのせることが出来れば使えるんですが…ヤッチマッタ。

デカい分リキッド容量は多いですね。
そして何より気になるのがブリッジクランプでのビルド。初体験。どきどき。
ちゃんとビルドできるのでしょうか。

内容物

とりあえず開封していきましょう。

coilart-azeroth-rdta箱はこんな感じ。

coilart-azeroth-rdta_01パカッと開封。

coilart-azeroth-rdta_02中身はこんな感じ。
やはりおデカい。

  • Azeroth RDTA
  • 替えドリップチップ
  • 510ドリップチップアダプター
  • 交換用ガラスタンク
  • VAPEバンド
  • 交換用Oリングやらネジやらブリッジやら
  • ドライバー

ドリップチップが2種ついていて、510アダプターも付いてます。
…珍しいのはそれくらいですかね。

coilart-azeroth-rdta_04バラしてみました。
avocadoみたいにポジピン外さなくても結構バラバラにできるのは楽でいいですね。
あれ超めんどくさいんですよ…パーツ細かいし。
その点これは便利な構造だなーと思いました。

coilart-azeroth-rdta_05ボトムには刻印が。
接続は510でポジピンの調整可能です。

coilart-azeroth-rdta_06リキッドチャージはサイドの穴から。
スポイドボトルではちょっと入れにくそうです。

coilart-azeroth-rdta_07これが謎だったブリッジクランプシステムとやらのデッキです。
ネジを緩めて…

coilart-azeroth-rdta_16ここの空いた隙間にワイヤーを通して挟んで固定します。
太いワイヤーでも様々なビルドが楽しめるそうです。
…自分がやるかと言われるときっとやらない(できない)。

coilart-azeroth-rdta_08エアフローはがっつり大き目のものが。

coilart-azeroth-rdta_09こちらがエアフロー全閉。
結構精度がいいようで、全閉だとほとんど吸えません。

coilart-azeroth-rdta_10こちらが全開です。
見たまんまドローはスッカスカになります。
重めのドローからスッカスカまで好きなドローで楽しめそうです。

coilart-azeroth-rdta_11こちらは左からスペアのドリップチップ、最初に装着されてるドリップチップ、510アダプターです。

coilart-azeroth-rdta_12最初に装着されているものはワイドボアのドリチなんですが、
スペアのものは少しテーパーかかっていて、内径が狭くなっています。
それでも結構太いですけどねー。

coilart-azeroth-rdta_13こちらがワイドボアドリップチップ装着時。

coilart-azeroth-rdta_14こちらがちょっとテーパーかかってる内径細いドリップチップ装着時。
少しこちらの方が長いですね。

coilart-azeroth-rdta_15こちらが手持ちの510ドリップチップ装着時。
いまいちしっくりこない感ありますが、そこはまぁあれですから。参考程度ですから。

ビルドしてみる?

では早速ビルドしていきましょう。
爆煙向きのタンクだと思うので珍しく抵抗値は低めの0.4Ω狙いです。
26/32Gのカンタルクラプトン、3mmで6rap。

coilart-azeroth-rdta_17多分位置はこれくらいだと…思うんだ…多分。
正直このデッキ、ビルドしやすくは無いです。
ベロシティに慣れてると若干面倒かも。

coilart-azeroth-rdta_18…ちょっと歪んでるけどこの後焼き入れでなんとなく綺麗にしていきます。
一応狙い通り0.4Ωになりました。やったね!

coilart-azeroth-rdta_19コットンを通していきます。
コットンを通す前にリキッドチャージの部分を外しておくと、
コットンホールへコットンを通すときに押し込んだりしなくていいので楽です。
ちょうどタンク部分くらいで切りそろえ。

coilart-azeroth-rdta_20ちょっとリキッドを垂らして、コットンを湿らせてからコットンホールへ。
先っちょまで湿らせた方が楽なんですけど若干手抜きです。はい。めっちゃ先っちょ乾いてますはい。

coilart-azeroth-rdta_21リキッドチャージのところをはめ込んだら、ここからリキッド入れます。
いや別にこれはめ込む前に入れてもいいんですけど。一応使っておこうかなと。
画像のようにユニコーンボトルの先くらいなら余裕で入れられます。

使ってみる

いつもより気持ち綺麗にビルドできたところで、すいーっぷはーっ。
おおおおめっちゃモクモクしてるぅぅぅ。
普段あまりセッティングしない0.4Ωに45Wだとびっくりな煙量です。もわもわ。

たまには抵抗値低めにして爆煙もやってもいいですね。普段ほぼ1Ω前後しか使わないですけど。
美味しさ再発見的な。

24mm径アトマに合うサイズのMODが無いので、装着した見た目が超微妙なんですけど、
それでも家で使う分にはいいかも。美味しいかも。これいいかも。

デッキの構造的にはもっとコイルアートとか楽しんだらいいんでしょうけど、
そこはあれですよ、好きな人がやればいいと思う。
私は美味しく吸えたらいいの。難しいコイルアートはいいの。普通でいいの。

最近アトマ径太めなの流行ってるし、
26650MODとか好きで、合う径のゴツめRDTA欲しい人、
爆煙アトマ好きな人にはいいかもしんない。
コイルアートや太いワイヤー好きな人は是非とも。
見た目もシンプルだし。悪くないんじゃないでしょうか。

↓コチラで購入できます
CoilART

 

↓気が向いたらポチっとな。 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ にほんブログ村

注目記事

Sponsored Link




 - RTA, アトマイザー